『STEINS;GATE』シリーズのMAGES.がKADOKAWAグループから独立。親会社ドワンゴが保有する全株式を買い取りブランドの統一へ

 MAGES.は、親会社であるドワンゴが保有する全株式を、MAGES.の代表取締役である志倉千代丸氏が代表を務める株式会社CHIYOMARU STUDIOが買い取ったと発表した。

 買収対象会社の経営陣が、事業の継続を前提として買収対象会社の株式を取得する取引、いわゆるマネジメント・バイアウト(MBO)を行い、これによってMAGES.は、ドワンゴの子会社、並びにドワンゴの親会社であるKADOKAWAの連結子会社ではなくなり、独立したことになる。

 発表では「KADOKAWAグループとは引き続き、従来と同様の良好な関係を継続することを前提として行われたもの」として、「環境変化が激しいエンタテインメント市場の中で、代表である志倉千代丸を中心としてよりスピーディーで柔軟な経営判断を行っていき、新規事業を含めた新しい価値の創造・提供を行うべく邁進してまいります。」と説明されている。

 MAGES.は、2010年にドワンゴと文化放送の合弁会社AG-ONEと5pb.が資本提携し、グループ入りしたのち、2011年にAG-ONEが5pb.を対等吸収合併し、「MAGES.」と商号変更して発足した。その後、5pbはゲーム・音楽ブランド名として存続したが、今回のMBOによって、ブランド名は順次「MAGES.」に統一していくとのこと。

 MAGES.は、『STEINS;GATE』シリーズを代表するゲーム事業、声優、俳優、アーティストの芸能事務所アミュレートのマネジメント事業、アイドル専門のレーベルStand-Up! Recordsなどの映像・音楽事業、いわゆる「アニサマ」と呼ばれるAnimelo Summer Liveの主催などのイベント事業で知られている。

 代表の志倉千代丸氏は、アーティスト、音楽プロデューサーの傍ら、MAGES.、CHIYOMARU STUDIO以外にも様々な数社の取締役を兼務する実業家としても知られている人物だ。今後、MAGES.の事業がどのように加速し変化していくのが注目だろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧