おじさんと少女のコンビが崩壊直前の世界を冒険、90年代アニメと『ゼルダの伝説』の影響を受けた『Eastward』がNintendo Switchで2020年に国内配信へ

 任天堂は「Indie World – 19.08.19 (Nintendo Switch)」にて、PC向けに発表されていたChucklefishのアクションアドベンチャーゲーム『Eastward』をNintendo Switchでリリースすると発表した。2020年に日本でも発売予定。価格や詳細な発売時期などについては未発表だ。

 『Eastward』は、社会が崩壊し人類が滅亡の危機に瀕している世界が舞台となる。地下の町で炭鉱夫として働くジョンは、地下深くの秘密の施設の中でサムと呼ばれる少女と出会う。ふたりは地下の町を出て、危険なモンスターと戦いながらサムに秘められた過去やこの世界の謎を追うことになる。

 『ゼルダの伝説』『Mother』シリーズ、1990年代の日本のアニメーションに影響を受けており、少し懐かしいグラフィックながらモダンな照明技術が組み合わされている。

(画像は『Eastward』公式サイトより)
(画像は『Eastward』公式サイトより)

 ダンジョンでは、ジョンとサムを切り替えてパズルを解き、フライパンから火炎放射器までさまざまな武器を手にモンスターと戦う。人類の黄昏にある大陸は鉄道で接続されており、活気のある街やキャンプ、薄暗い森などを旅する。旅先で出会うの風変わりなキャラクターたちは、楽しく奇抜でユーモアに満ちた心温まるストーリー盛り上げてくれる。

 音楽は『ホホクム』『Gorogoa』『The Tomorrow Children』のJoel Corelitz氏が、アイルランドのサウンドデザインスタジオのHyperduck Soundworksとともに制作している。

(画像は『Eastward』公式サイトより)
(画像は『Eastward』公式サイトより)

 1990年代のアニメーションや同時代のゲームのアートスタイルに影響を受けている『Eastward』だけに、日本での展開を求める声も多かった本作だが、ついに日本での展開も発表された。ゲームの詳細など今後の発表が楽しみだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧