カニ漁シミュレーター『Deadliest Catch: The Game』のクラウドファンディングが開始、長寿ドキュメンタリー番組二度目のゲーム化

 Moonlit Gamesは、カニ漁シミュレーター『Deadliest Catch: The Game』Kickstarterキャンペーンを開始した。2019年10月27日までの予定で、目標額はおよそ120万円。記事執筆時点ですでに200人を超える支援者が出資しており、ファンディングは約50万円に到達している。

 『Deadliest Catch: The Game』は、過酷なカニ漁に挑む男たちを描いたディスカバリーチャンネルのドキュメンタリー番組『ベーリング海の一攫千金』(原題、Deadliest Catch)をテーマにした一人称視点のシミュレータゲーム。プレイヤーは漁船の船長となって、航海計画から人材や機材の管理、カニの捕獲、選定、輸送まで、カニ漁におけるロジスティクスのすべてを体験できる。

 原作である『ベーリング海の一攫千金』は2005年から続く長寿番組で、2019年までに15シーズンが制作されている。ゲーム化にあたって、開発者はディスカバリーチャンネルの担当者と密接に連携しており、作中ではベーリング海の濃霧や高波、氷河といった過酷な環境もドキュメンタリーさながらに忠実に再現されている。

(画像はSteam 『Deadliest Catch: The Game』より)
(画像はSteam 『Deadliest Catch: The Game』より)
(画像はSteam 『Deadliest Catch: The Game』より)

 ゲームでは、番組初期から活躍するコーネリア・マリー号に模した全長42メートル、全高20メートルの船舶が登場する。捕獲ポットやランチャー、カニの餌となる凍った魚を加工する粉砕機、ポット回収用の巻き上げ機構、出荷するカニを選定する作業台、保管用の冷蔵庫など、カニ漁に使用されるさまざまな機材の細部まで描かれており、これら設備はプレイヤーがアップグレードすることもできるという。

 特筆すべきは、捕獲したカニをすべて持ち帰るだけのゲームではないところ。現地のカニ漁で捕獲が許されているのは17センチメートル以上に成長したオスの個体のみであり、それ以下のサイズやメスのカニは海に帰さなければいけない。プレイヤーは、3DCGで再現されたカニと見つめ合い、性別を自分で見分ける必要がある。また、当然ながら船体には耐久力が設定されており、持ち帰れる漁獲量にも制限がある。カニ漁のリアリティをとことん追求しているゲームデザインが特徴だ。

 『Deadliest Catch: The Game』は2019年11月14日発売予定。なお、ドキュメンタリー番組『ベーリング海の一攫千金』は、2008年にも『Deadliest Catch: Alaskan Storm』として、Xbox 360およびWindows向けにゲーム化されている。

ライター/Ritsuko Kawai

ライター
Ritsuko Kawai
ライター・ジャーナリスト。カナダで青春時代を過ごし、現地の大学で応用数学を専攻。帰国後は塾講師やホステスなど様々な職業を経て、ゲームメディアの編集者を経験。その後、独立して業界やジャンルを問わずフリーランスとして活動。趣味は料理とPCゲーム。ストラテジーゲームとコーヒーが大好き。
 
Twitter: @alice2501
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧