『ゼルダの伝説 夢をみる島』英国で2019年のNintendo Switchタイトルとして最速セールスを記録。発売初週のUKチャートでは1位に

 Nintendo UKはNintendo Switch『ゼルダの伝説 夢をみる島』が、Nintendo Switchでは2019年の欧州で最も売れ行きの良いゲームになっていることを発表した。詳しい販売本数は明かされていない。

 UKIEとGfKの集計したイギリスでの週間販売数チャートによれば、発売初週で『ボーダーランズ3』を抜いて1位、その次の週は『FIFA 20』に1位の座を譲り渡している。

 一方、日本ではファミ通が集計した9月16日から22日の週の推定販売本数は、14万1375本。本作が9月20日に発売されたことを考えると予約とリリース2日の売り上げとなる。これは同調査の『ファイアーエムブレム 風花雪月』の2日間の売り上げである14万3130本に迫る好スタートだ。

(画像はNintendo eショップ『ゼルダの伝説 夢をみる島』より)

 また、レビュースコア集計サイトMetacriticのメタスコアも88点と高評価だ。ゲームメディアでは記事執筆時点で97のレビューから算出されている。また、ユーザースコアも8.7/10と同様に高評価だ。

 Nintendo Switch版『ゼルダの伝説 夢をみる島』は、93年に発売された同名のゲームボーイ用タイトルのリメイクだ。修行の途中で遭難し、ゲームの舞台となる「コホリント島」へと流れ着いたリンクが、脱出を目指して再び冒険の旅に出る。
 Nintendo Switch版ではグラフィックが3Dに変更され、リンクを始め主要キャラクターにボイスアクトが追加された。

(画像はNintendo eショップ『ゼルダの伝説 夢をみる島』より)

 『ゼルダの伝説 夢をみる島』はゲームボーイ版からすでに名作として知られていたが、グラフィックをはじめ現代風にリメイクされたNintendo Switch版でも変わらず名作であるようだ。このリメイクの成功が、今後の『ゼルダの伝説』シリーズにどのような影響を与えるだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧