ソニーが新型VRヘッドセットの特許を申請。本体前後とコントローラーに搭載されたカメラと無線接続が特徴の新型HMD

 ソニーがVRヘッドセットとコントローラー関連の特許をアメリカで新たに申請していることが明らかとなった。これは海外メディアLetsGoDigitalが報じたもので、特許は2019年2月に米国特許商標庁に提出され、10月に公開されている。特許情報のフルバージョンはこちらで確認できる。

LETSGO DIGITALが編集した特許情報。青い点がカメラの位置。
(画像はLetsGoDigital「Sony PSVR 2 headset met camera’s voor PlayStation 5」より)

 公開された特許情報では、この新型VRヘッドマウントディスプレイ(以下、HMD)は完全な没入型ではなく、フロントカメラなどでHMDに外部の風景を投影することが可能と書かれている。カメラが搭載されるのはHMD前方、後方、そしてコントローラーだ。また、有線接続だけでなくBluetoothでの無線接続も可能だという。目ごとに1つずつ、2つの個別のディスプレイを使用するオプションの記載もある。これが実現すれば、3D立体画像を表示することも可能だ。

 特許情報に利用されているスケッチはPSVRのものとほぼ同じだ。トラッキング用のLEDも搭載されており、「代替的または追加的に外部カメラが監視してもよい」とされているため、PlayStation CameraとHMDの各部カメラによってより正確な位置トラッキングが期待できる。「PSVR2」といえるこの新型VRヘッドセットの大きな特徴は、HMDとコントローラーに配置された複数のカメラと無線接続と言えるだろう。

実際の特許情報より。1320、1330、1410、1730がカメラの位置とされている。
(画像はGoogle Patentsより)

 PS5は2020年ホリデーシーズン発売予定だ。VRにも力を入れるということで、海外メディアWiredの取材からPSVRの対応も認められている。実際に「PSVR2」が開発されるかは現時点では定かではないが、水面下ですでに動いているのかもしれない。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧