7ヶ月にわたり『Pokémon GO』で野生のポケモンが出現しなくなったギリシャの島から助けを求める声。地図データ更新で海だと判断された島

 ギリシャ共和国の首都アテネから西に20キロメートルほど、エーゲ海に浮かぶサラミス島。美しいビーチを持つサロニカ諸島で最大の面積をもつ島で、大きな事件が起きた。この島から『Pokémon GO』のポケモンがすべて消え去ってしまったのだ。

(画像はReddit「7 Months without a single spawn」より)

 『Pokémon GO』はNianticがリリースしたスマートフォン用位置情報ゲーム。スマホのGPS機能とAR技術を組み合わせ、現実世界で『ポケットモンスター』の世界を楽しめる。地図上にはアイテムや経験値が手に入る「ポケストップ」や、プレイヤー同士が奪い合う「ジム」そしてもちろん捕まえることの出来るポケモンが設置される。プレイヤーはそういったスポットに実際に移動しながら、自分のポケモンを増やし戦闘を行う。

 人口4万人ほどのセラミス島でも『Pokémon GO』のコミュニティは形成されており、50人から100人の地元のプレイヤーたちが美しい島を歩きながら遊んでいた。

 事件が起きたのは今年の初旬だ。『Pokémon GO』が利用しているユーザーの手で編集可能な共同開発地図「オープンストリートマップ」が更新され、セラミス島を含むサロニコス湾一帯が「Natural = bay」(湾)とタグ付けされた。更新されたデータは本作にも反映され、自動的にルールが適用された。

 結果、セラミス島の現状をRedditに書き込んだGiannhsblazer氏によれば、このタグがつけられた場所は海域として処理され、ポケモンが1匹も出現しなくなったという。この状態はすでに現在まで7ヶ月続いている。
 島ではポケモンを出現させるアイテム「おこう」や「ルアーモジュール」を使ってポケモンを出現させるか、今の手持ちのポケモンでレイドバトルを行うことしか出来なくなっている。

(画像はthesilphroad.com「OPENSTREETMAP AND GO: WHAT NEEDS TO CHANGE BEFORE THE NEXT UPDATE」より)

 プレイヤーたち自身も対策に乗り出しており、Nianticにサポートを求めているが、ポケモンをよく探すか、あるいは別の場所でプレイするようにという機械的な返答しか得られていない。アテネから約20キロメートルと、「直線距離で見ると車なら数十分で(ポケモンがいる場所に)向かえるのでは?」という質問に対し、セラミス島在住のLemery69氏は、フェリーを利用するため片道1時間から1時間半ほど掛かると返答している。また、フェリーの便も1時間に1本で最終便が18時と、利便性はよくない。

 海外メディアPolygonによれば、この地域に住む人々は協力してこの事態に懸命に立ち向かっており、アテネに行くプレイヤーが現地でポケモンを捕まえ、地元で他のプレイヤーにプレゼントしているという。地元のプレイヤー同士の絆は強くなっていくが、やはりまともにゲームがプレイできないという状態ではゲームを離れていく人も少なくないという。

 すでにオープンストリートマップのタグは修正され、この地域でポケモンの出現をブロックする「Natural = bay」のタグは適切に設定され直している。あとはNianticが現在の地図データを反映するか、あるいは「Natural = bay」のタグの処理を変更すれば、この地域に住む人々はふたたび通常どおりに『Pokémon GO』で遊ぶことができる。

 2019年3月にはすでに報告されているこの問題は、それ以降もプレイヤーが協力して問題に対処し続けてきたが、Nianticはいまのところおおやけに動きを見せていない。ゲームが正常に動作しなくとも7ヶ月間コミュニティが生き残るというのはひとえに現地のプレイヤーたちの努力の賜物だが、それでも限界はある。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧