伝説のMMORPG『EverQuest』が開発公認の「エミュサーバ」で復活へ。1999年サービス開始時のバージョンでスタート、オリジナル版と同様の歴史をたどってアップデートを実施予定

 2019年10月25日の午後(米東部標準時間)、「Project 1999: Green」の名のもとにMMORPG『EverQuest』(以下、EQ)のサーバがローンチを迎える。

 これは続編の『EverQuest2』でも開発が中止となった『EverQuest Next』でもなく、1999年にサービスを開始し伝説のMMORPGとして君臨したあの『EQ』だ。ただし本サーバはファンメイド、要は有志によるエミュサバなのだが、“開発元公認”のお墨付きとなっている。

 本家『EQ』はサービスインから約20年という長い歴史の中で数々のアップデートによるエリア拡張や新機能実装、ゲームバランス調整が行われてきた。しかし、本日オープンするProject 1999: Green」版は、全てのパッチやアップデートをとっぱらった、1999年当時のまま“EverQuest Classic”の姿でNorrath(ノーラス)の世界がよみがえるのが大きな特徴だ。

 「Project 1999」のスレッドによればレガシーアイテムである「Guise of the Deceiver」や「Manastone」も当時と同様にドロップする。ふたつとも『EQ』プレイヤーであればその名を知らぬ者はいない“超レアアイテム”で、特にManastoneは便利すぎたため後のアップデートで新規ドロップが無くなり、既存品のゲーム内価格が高騰。プレイを始めたタイミングによっては「知っているけれど見たことはない」という人もいるだろう。

 もちろん良い事ばかりではなく当時のユーザーには不便・不評だったシステムやUIもそのまま復活となるが、今後は本家が過去実施してきたアップデートとほぼ同じタイミングでパッチ実装が予定されており、『EQ』20年の歴史をそのまま体験できるというわけだ。

DiscordもSkypeも攻略Wikiも生まれていない時代ゆえ、チャットツール「IRC」で設定したキーワードを打ち込むとチャイム音が鳴る機能を利用して、攻撃や撤退のタイミングをリーダーがパーティメンバーに伝えたり、涙ぐましい努力を重ね大規模レイドなどに挑んでいた。
(画像はYouTube 「Project 1999 Green Trailer」より)

 海外サイトなどでは「『EQ』を懐かしむファンに朗報!」などと告げられているが、なにも懐古趣味のMMORPGプレイヤーだけではない。『Ultima Online』と並ぶ海外産MMORPGの代表格『Ever Quest』の「名前は知っているが実際のゲームは見たことがない」というプレイヤーには、後のMMORPGに多大なる影響を与えた名作を改めてプレイしてみてほしい。

文/麻生ちはや

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧