『Five Nights at Freddy’s』シリーズがNintendo Switchで11月29日に海外配信。動物ロボットの恐怖がスイッチでも蘇る

 米任天堂公式サイトにて、Nintendo Switch版『Five Nights at Freddy’s』『Five Nights at Freddy’s 2』『Five Nights at Freddy’s 3』が2019年11月29日に配信されると明らかにされている。

(画像はFive Nights at Freddy’s for Nintendo Switch – Nintendo Game Detailsより)

 『Five Nights at Freddy’s』シリーズは、アメリカのゲームクリエイターであるScott Cawthon氏によって開発されたホラーゲーム。プレイヤーはカメラなどを活用し、夜中にこっそり動き出す動物ロボットを監視、夜通し彼らに襲われないよう警戒するといった内容になっている。

 Nintendo Lifeなどの海外メディアは、ヨーロッパおよびオーストラリアのニンテンドーeショップにて、シリーズ最終作となる『Five Nights at Freddy’s 4』も同日に配信されることが明らかになったと報道している。

 シリーズ初代は2014年8月にリリースされ、その後は前述のナンバリング作品のみならずスピンオフタイトルも展開。VRに対応した『Five Nights at Freddy’s VR: Help Wanted』などをリリースしているほか、Blumhouse Productionsによってハリウッド映画化の企画も動いており、人気の続くビッグタイトルとなっている。

 Nintendo Switch版『Five Nights at Freddy’s』、『Five Nights at Freddy’s 2』、『Five Nights at Freddy’s 3』の価格は各7.99ドル。日本でのリリースについては明らかになっていない。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧