北米で現世代もっとも売れた格闘ゲームは『スマブラ』と『モータルコンバット』。NPDのアナリストが格闘ゲームの売り上げランキングを公開

 アメリカの市場調査会社NPDに所属するアナリストマット・ピスカテラ氏に対し、海外メディアNintendo Life「米国内の主要コンソールでもっとも売れた格闘ゲームは何ですか?」という質問を行った。

 回答は2019年10月時点でのPlayStation 4、Nintendo Switch、Xbox One上位5位までの格闘ゲームの売り上げが示された。売り上げにはダウンロード版とパッケージ版の両方を含むが、『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』など一部のソフトはパッケージ版のみの集計となる。

(画像はAmazon.com『Mortal Kombat 11』より)

 目立つのは『Mortal Kombat』シリーズのNetherRealm Studiosによるタイトルだ。PlayStation 4とXbox Oneでは同社の開発した『Mortal Kombat X』『Mortal Kombat 11』『Injustice 2』が1位から3位までを占めている。

 『Mortal Kombat X』は2015年にPlaystation 4、Xbox Oneで発売された。発売から1ヶ月で合計500万本を売り上げたことが発表され、米国では2015年のビデオゲーム売り上げ9位という記録を残しており、格闘ゲームだけで見れば1位の売り上げを誇る。また、『ドラゴンボール』ゲームも人気だ。『Dragon Ball Xenoverse』『Dragon Ball FighterZ』など、各プラットフォームに必ず一本はランクインしている。

(画像は『大乱闘スマッシュブラザーズSP』より)

 ほかのプラットフォームとは少し異なる向きを示しているのがNintendo Switch。1位は先日『ストリートファイターII』を抜いて世界でもっとも売れた格闘ゲームとなった『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』、続いて2位には『ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX』がランクインしている。3位は『ARMS』と、3位までをNintendo Switch独占タイトルが占めている。4位には『Mortal Kombat 11』が入っており、やはり米国での同シリーズの強さがうかがえる。

 マット・ピスカテラ氏は今年の8月に米国の格闘ゲームジャンルのプラットフォームを越えた売り上げランキングも製作しており、ランキングのほとんどが『スマブラ』シリーズか、あるいはNetherRealm Studiosが占める結果となっている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧