『アーマード・コア』新作か移植作か。フロム・ソフトウェア広報スタッフのSNS画像が同シリーズを彷彿とさせるイメージに

 フロム・ソフトウェアで広報を担当している小倉康敬氏のプロフィールのヘッダー画像が、『アーマード・コア』シリーズを彷彿とさせる画像に設定している。

(画像はTwitterより)

 問題の画像は雪原を舞台に、『アーマード・コア』シリーズに登場するような人型機動兵器が写っており、遠景には『ARMORED CORE VERDICT DAY』に登場するタワーが見れる。『ARMORED CORE VERDICT DAY』には雪原マップはいくつか登場するが、今回、投稿された画像の特徴とは異なるものだ。

 過去に、小倉氏は2017年に放送されたシリーズ20周年記念番組「ARMORED CORE SUITE 02」で、「僕らは『AC』を作りたいと思っているし、このまま終わらせるつもりはない」と発言している。

 またフロム・ソフトウェアの代表取締役社長の宮崎英高氏は、2018年の『Déraciné』に関するファミ通のインタビューで、「過去のインタビューで「大きい開発ラインが3つ動いてる」という話をしたことがあるのですが、『デラシネ』はその中には入っていません。3.5の中の0.5みたいなイメージです。……と、一部のフロム・ソフトウェアファンにはお伝えしておきたいですね」と発言している。

 この3つのラインとは、2019年3月に発売された『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』と、のちに発表された『ELDEN RING』であることは判明しているが、残りひとつが未だ不明だった。この宮崎氏の発言の後、ファミ通のインタビュアーは「身体が闘争を求めている一部のファンですね」と、『アーマード・コア』シリーズのネットミームについて発言したが、宮崎氏からの反応は特に記載されていない。

(画像はTwitterより)

 もし『アーマード・コア』シリーズの新作や移植作ならば、2013年9月にPS3、Xbox 360で発売された『ARMORED CORE VERDICT DAY』以来の新作となる。すでに前作から6年が経過しており、PS4以降の現行機でプレイしたいというファンも多いはず。

 はたして待望の新作なのか、12月は大型のゲームイベント「The Game Awards」もあるだけに、フロム・ソフトウェアからなにかしら正式発表があることに期待しよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧