かわいい小鳥がスケボーを乗りこなす『Skatebird』のNintendo Switch版リリースが決定。人生のどん底に落ちかける飼い主を救うため、小さな体でトリックを決めろ

 Nintendo of Americaの「Indie World Showcase」にて、Glass Bottom Gamesのスケートボードゲーム『Skatebird』がNintendo Switchでも発売されることが発表された。Xbox One、PCでのリリースもすでに発表されている。いずれのプラットフォームでも2020年に発売予定だ。

 『Skatebird』は手のひらサイズの孤独な小鳥が主役のスケートボードゲームだ。飼い主である大きな友人がひどい仕事についてしまったため、小鳥と遊ぶこともなくなってしまった。小鳥は自身のスケートボード力を高め、たくさんの鳥のフォロワーを集め、ゆくゆくは飼い主の人生を救うためにスケートボードに乗る。

(画像はNintendo 『Skatebird』より)
(画像はNintendo 『Skatebird』より)

 ゲームの大きな特徴は、主人公が小鳥という点だ。空を飛ぶことはできないが、羽ばたくことで滞空時間を伸ばすことができる。体が小さいため、スケートボードパークは雑誌やストロー、消しゴムのような日用品を組み合わせて作られている。机の上に作られた小さなスケートボードパークでキュートな小鳥が華麗なトリックを決める。

 2019年6月にKickstarterにて開発資金を募った『Skatebird』だが、目標金額を大幅に突破。ストレッチゴールもすべてクリアーしている。これにより、アウトドアマップやサイドストーリー、gifやmp4ファイルを書き出せるフォトモードなど7種の新機能が追加されることとなった。

(画像はNintendo 『Skatebird』より)

 PC、Mac、Linuc向けに発表されていた本作だが、X019でXbox Game Passの対応とともにXbox One版が発表され、このたびNintendo Switchでもリリースされることとなった。Nintendo Switch版の日本での発売は未定だが、こちらも期待したいところだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧