『CONTROL』Remedy Entertainmentからの「The Game Awards 2019」受賞メッセージが公開。『ALAN WAKE』や『Quantum Break』に続く最新作

 発売中のPlayStation 4用ソフト『CONTROL』に関して、クリエイティブディレクターのサム・レイク氏による、「The Game Awards 2019」のベストアートディレクション賞(Best Art Direction)を受賞したことについてのメッセージ映像が公開された。

(画像はマーベラス公式YouTubeチャンネルより)

 『CONTROL』は、異世界の脅威「ヒス」に侵食されたニューヨークを舞台に、秘密機関のエージェントである「ジェシー」が異次元の力「ポラリス」を活用してヒスに立ち向かっていくアクションアドベンチャーゲームだ。

 「The Game Awards 2019」のベストアートディレクション賞(Best Art Direction)を受賞したことについて、クリエイティブディレクターのサム・レイク氏は以下のようにコメントした。

 こんにちは。Remedy Entertainmentのサム・レイクです。我々の最新作、”CONTROL”が日本で発売となりました。日本の皆様に感謝しております。

 CONTROLのミステリアスな世界を、我々と同様に、皆さまにもお楽しみいただけたら幸いです。

 さて、CONTROLですが、非常に高い評価をいただき既に数々のアワードを受賞する事ができました。特に、先日ロサンゼルスで開催された、The Game Awardsでは見事”Best Art Direction”を受賞しました。

 我々は印象的かつ、ユニークなアートスタイルをこのゲームで作り上げたいと思っており、多くの共感を得ることができました。私個人として、チームのみんなに感謝の気持ちでいっぱいです。

 CONTROLは日本で現在発売中です。どうぞお楽しみください。

(画像はマーベラス公式YouTubeチャンネルより)

 Remedy Entertainmentは『ALAN WAKE』(2010年)、『Quantum Break』(2016年)など、高度なグラフィックと三人称視点のアクションアドベンチャーゲームを得意とする会社だ。まだ日本語版の発売から間もない今作でも、あらゆる場面で高度なアートデザインと爽快感のあるアクションを体験できることだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧