プーマが“ゲーミング靴下”こと「Active Gaming Footwear」を発表。快適なゲームプレイのため靴下のような靴を目指した室内用フットウェア

 ドイツのスポーツ用品メーカーPUMAが、ゲーマー向け室内用フットウェア「PUMA Active Gaming Footwear」を発表した。直訳すれば“ゲーミング靴下”とも呼べるこの商品は、1680万色に光ることはないが、ゲーマー向けとするさまざまな機能が秘められている。

 Active Gaming Footwearは、PUMAのオーストリア公式通販サイトでは160豪ドル、EU向けショップでは90ユーロで販売されている。日本円にすると約1万2千円ほどだが、日本や米国で発売されるかは現時点で未発表だ。

  Active Gaming Footwearはゲーマーが室内で快適なゲーミング体験を得るためのフットウェア。PUMAは多くのプロゲーマーへの調査から、ゲーマーが「靴下のような靴が必要」であることを見いだしたという。Active Gaming Footwearは自宅やeスポーツ大会の会場での使用を目的とした、快適で軽量な滑りにくいフットウェアとなっている。

 本体は3Dニットで編まれ、靴底には滑りにくい超薄型のソールが備え付けられる。ソールは分割され、より柔軟な動きに対応する。通気性の高いレイヤードメッシュで湿気をため込まない。
 PUMAによれば、涼しく快適なこれらの機能でゲーマーはゲームに集中し、最高のパフォーマンスを発揮できるという。

ゲーミングギアといえば1680万色の光は欠かせない。もちろんこのイメージのように靴下自体が光っているわけではない
(画像はPUMA公式サイトより)

 PUMAはゲームギア開発会社PLAYSEATとコラボし、「THE PLAYSEAT I PUMA GAME SEAT」と呼ばれるゲーミングチェアも発表している。ゲーミングチェアの概念にとらわれない、ゆりかごのようなスタイルのゲーミングチェアは話題となった。Active Gaming FootwearはPUMA GAME SEATでの使用にも適しているという。

(画像はAdidas公式サイトより)

 スポーツ製品の大手メーカーは、人気が拡大するeスポーツ事業へ続々と参画している。たとえばNIKEは2019年に中国で「League of Legends Pro League」の公式パートナーとなり、参加16チームのユニフォームをデザインした。
 Adidasは人気ストリーマーのNinjaことリチャード・タイラー・ブレヴィンス氏とパートナーシップを締結。12月31日よりコラボスニーカーの販売も決定している。

 室内シューズとして見ても、1万円を超える価格設定ということでなかなか手が出しにくいActive Gaming Footwear。滑り止めの効果などを考えると、eスポーツだけでなくVRゲームを遊ぶときにも便利そうに思えるが、はたしてどのような使い心地がありゲームプレイにどのような影響を与えるのか気になるところだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧