『The Witcher』シリーズや『Cyberpunk 2077』開発のCD Projekt、株価が10年で“210倍”に。時価総額はUbisoftと肩を並べる巨大企業へと成長

 『The Witcher』シリーズや2020年リリース予定の『Cyberpunk 2077』を開発するCD Projekt。同社の株価が2009年から210倍に跳ね上がったことを、ブルームバーグが「中世ファンタジーの戦士が10年で2万1000%の株価上昇を成し遂げた鍵」と題した記事で報じている。

 これは株価指数の算出・管理や、ポートフォリオ分析を行うStoxxの「ストックス欧州600指数」に登録された企業の中でも最大の成長だという。ブルームバーグが製作した以下の時価総額のグラフによれば、Ubisoftと肩を並べる巨大企業へと成長していることが分かる。

 グラフでは、Electronic ArtsやActivision Blizzardも含めて2018年後半に大手ゲーム企業の時価総額が大きく減じており、CD Projektの時価総額もそれと同様の変化を辿っている。しかし、2019年末にはもっとも高額だった2018年中盤ごろと同水準まで回復している。額が異なるとはいえ、2018年の同水準まで回復した企業はCD Projektだけだ。

 2019年に絞ってみても、CD Projektの時価総額は86%増の68億ドル。アナリストによれば、2019年の同社の収益は『The Witcher 3: Wild Hunt』がリリースされた2015年の4倍にあたる8億4500万ドルにもなるという。

(画像はブルームバーグ「Medieval Fantasy Warrior Is Key to 21,000% Stock Gain in Decade」より)

 『The Witcher』シリーズを販売してきたCD Projektは多数のタイトルを扱ってはおらず、他に開発・販売してきたのはデジタルカードゲーム『Gwent: The Witcher Card Game』とそのシングルプレイスピンオフとなる『Thronebreaker: The Witcher Tales』だけだ。

 一方で、同社が株主であるPCゲームのダウンロード販売サービス「GOG.com」の成長や、2013年にティーザートレイラーが公開され2020年にリリース予定の『Cyberpunk 2077』の存在もあり、これらが株価に大きな影響を与えていると思われる。

 ワルシャワ証券取引所のWIG 20(20社による時価総額加重平均型株価指数)が過去10年で11%下落しているなか、成長を続けるCD Projektはまさにポーランドを代表する大企業のひとつだと言えるだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧