精神的な恐怖やストレスを描く小規模な実験作『Project: Mara』発表。『Hellblade』のNinja Theory開発、没入型ストーリーテリングの新たな可能性を狙う

 『Senua’s Saga: Hellblade II』をThe Game Awards 2019で発表したNinja Theoryは、さらなる新作『Project: Mara』を正式発表した。ほかの作品とともにゲームの内容を説明するデベロッパーダイアリーと、『Project: Mara』の予告映像も公開している。

 『Project: Mara』はNinja Theoryの『Hellblade: Senua’s Sacrifice』やその続編と同様に、精神的な恐怖を描くゲームになる。『Hellblade』シリーズとは異なり、舞台となるのは現代。研究やインタビューから精神的な恐怖をできる限り正確に描写することが目標だ。

 ゲームはひとりのキャラクターとひとつのロケーションのみが用意され、「新たな没入型ストーリーテリングのショーケース」となる可能性がある実験的なプロジェクトになるという。

(画像はYouTube 「Project: MARA | Teaser」より)
(画像はYouTube 「Project: MARA | Teaser」より)

 Ninja Theoryは2017年に精神病を抱える患者、科学者、医師と協力し、『Hellblade: Senua’s Sacrifice』をリリースした。そこで得られた関係性は今なお続いており、『Insight Project』という形へと続いている。

 この『Insight Project』はアーティスト、科学者、メンタルヘルスの専門家が協力し、現代の最も差し迫った問題である「心理的ストレス」に取り組むというプロジェクだ。最高のゲームデザインとテクノロジー、そして最先端の臨床神経学の融合し、精神的な苦痛を和らげ精神的な健康の増進を目指す。

 このプロジェクトで得た知見は、『Project: Mara』や『Senua’s Saga: Hellblade II』にも適用され、今後研究結果としても発表する予定となっている。

(画像はYouTube 「Project: MARA | Teaser」より)
(画像はYouTube 「Project: MARA | Teaser」より)

 『Hellblade: Senua’s Sacrifice』に同梱された開発日誌動画では、医師や精神病を抱える患者と協力して開発する風景を撮影し、今後はこのような取り組みが重要になるだろうと語っていたNinja Theory。その言葉通り業界でも先進的な事業に取り組んでいるようだ。

 神話の世界を舞台にした『Senua’s Saga: Hellblade II』と現実的な世界を舞台にした実験作『Project: MARA』。異なる舞台で同じテーマを描くふたつの作品は、どのようなものになるだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧