海外で500万本突破の『SUBNAUTICA サブノーティカ』、PS4日本語版パッケージの発売が「2020年2月20日」から「2020年春」に延期へ

 PLAYISMは、海洋サバイバルアドベンチャー『SUBNAUTICA サブノーティカ』の発売日を、2020年2月20日から「2020年春」へ発売延期することを発表した。

『SUBNAUTICA サブノーティカ』は、海だらけの惑星にたった一人で取り残された主人公が、海を探索しながら生き残る海洋サバイバルアドベンチャーだ。海洋惑星に不時着した主人公が、この惑星から脱出するために、広大な海を探索する。

(画像はSteam『Subnautica』より)

 広大な海では様々なものが材料や食料になり得る。泳いでいる魚、海を漂うプランクトン、鉱石などを集めながら、酸素ボンベや耐圧スーツを作りつつ、海底深くの洞窟や海底火山を探索しよう。潜水艦や基地をアップグレードしていくと、さらに作れるものや探索範囲も広がるはずだ。光さえも満足に届かない真っ暗の海底の探索はプレイヤーから「怖い」と好評だ。

(画像はSteam『Subnautica』より)
(画像はSteam『Subnautica』より)

 前回、本作の海外販売が500万本を突破、さらに無料配布分を含める1000万本近くが流通していると報じたが、残念ながらPlayStation 4で2月20日の発売を予定していた日本語版パッケージの発売延期が発表された。発売は現時点で「2020年春」となっており、Steamでは日本語に対応しているものの、PlayStation 4版で本作を待っていたプレイヤーにとっては、もうしばらくの辛抱となりそうだ。

(画像はPLAYISM『Subnautica サブノーティカ』より)

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧