Epic Game Storeで病原ゲーム『パンデミック』の無料配信が延期へ。新型コロナウイルスの影響か

 Epic Game Storeで今週、無料配信を予定していた病原ゲーム『Pandemic: The Board Game』(『パンデミック: 新たなる試練』)が、突如として無料配信の予定から削除され、延期することが判明した。VGCなど複数の海外メディアが報じている。

(画像はSteam「Pandemic: The Board Game」より)

 Asmodee Digitalが開発している『Pandemic: The Board Game』は、ボードゲームで発売し、高く評価されている『パンデミック: 新たなる試練』のコンピューターゲーム版だ。本作は原作同様、最大4人まで協力プレイすることが可能で、デジタル版らしくひとりでプレイできるシングルプレイヤーモードも含まれている。
 ゲームの目的は、世界中で流行しつつある4つの疫病のワクチンを開発すること。能力がそれぞれ違う各キャラクターが持つカードで疫病の蔓延を抑えつつ、その間に素早くワクチンを開発するターンベースの協力型ゲームだ。

 Epic Game Storeでは毎月、無料でゲーム配信しており、その予定に本作『Pandemic: The Board Game』の配信が含まれていたが、それが突然、削除されたことが判明した。なお、Epic Gameは『Pandemic: The Board Game』の無料配信は、停止ではなくあくまで延期であると認めたが、その理由は明らかにしていない。

(画像はSteam「Pandemic: The Board Game」より)
(画像はSteam「Pandemic: The Board Game」より)
(画像はSteam「Pandemic: The Board Game」より)

 一方で現在、中国を中心に猛威を振るう新型コロナウイルスによって、ゲーム業界が幅広く影響を受けており、2月6日より開催が予定されていた「台北国際ゲームショウ 2020」が夏以降に延期したことや、他にも「『三國志14』中国古戦場ツアー」の延期、eスポーツ大会での中国での試合が延期されるなど、新型コロナウイルスの影響が相次いでいる。

 また病原を世界中に蔓延されるゲームとして有名な『Plague Inc.』は、新型コロナウイルスの影響で注目されることとなり「本作は教育的な意義を目的としており、現実的な出来事をセンセーショナルに扱うためではない。ゲームではなく保健機関から正しい情報を得てほしい」という趣旨の声明を発表する事態になっている。

 『Pandemic: The Board Game』は、『Plague Inc.』と違って、感染症と蔓延させるのではなく防止するゲームだが、今回の無料配信の延期は新型コロナウイルスから何らかの影響を受けた可能性がある。

新型コロナウイルスの危機が迫る今、あの「人類を滅亡させる作品」について語ろう【名作紹介:Plague Inc. -伝染病株式会社-】

 なお、ゲーム自体がなくなったわけではなく、Steamでは現在も配信している。翻訳は少々つたないが日本語化もされているので、今回の件で『Pandemic: The Board Game』が気になった人は、プレイしてみてはいかがだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧