『FF14』の次回大型アップデートが2月18日より配信。野村哲也氏デザインのキャラクターとの物語が本格始動、生活系ジョブの大改修も実施

 スクウェア・エニックスは、PlayStation 4、PC(Windows、Mac)用MMORPG『ファイナルファンタジーXIV』にて、次回の大型アップデートであるパッチ5.2「追憶の凶星」を2月18日(火)より公開することを発表した。

 『ファイナルファンタジーXIV』は、スクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジー』シリーズにおけるナンバリングタイトル第14作目で、『ファイナルファンタジーXI』以来2作目のMMORPG作品。

 2010年よりサービスを開始しているが、多くの不備・不全があったため、全面的な改修を発表。2013年に『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』として再始動した。その後はPlayStation 4版の発売や、Macへの対応を経て、日本、北米、欧州、中国、韓国の5地域で1800万以上の登録アカウントを持つMMORPG作品へと成長している。

 最新の拡張シナリオ「漆黒のヴィランズ」では、暴走した光の力が氾濫したことで光と闇のバランスが崩れ、滅びゆこうとしている世界「第一世界」にたどり着く。これまで「光の戦士」として戦ってきたプレイヤーは、世界に夜を取り戻すため、「闇の戦士」として戦うことになる。

 「漆黒のヴィランズ」の最新パッチ5.2「追憶の凶星」で、物語は新たな局面を迎える。また、レイドダンジョン「希望の園 エデン」では、野村哲也氏がデザインしたキャラクター「ガイア」との物語が本格的に始動していく。

 また、採取や生産を行う生活系ジョブでは大改修を実施。釣りやモリ漁を行うジョブ「漁師」では、魚拓を自分の家に飾ることができるほか、船釣りができる漁師の専用コンテンツ「オーシャンフィッシング」も登場する。

 そのほか、新たな戦闘コンテンツやクエスト、装備などのアイテムやBGMが追加されており、今回のパッチノートも盛りだくさんの内容となりそうだ。

 2月6日(木)にはプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏が出演し、直接最新情報を公開する「第57回FFXIVプロデューサーレターLIVE」も行われていた。配信内では、作中におけるMOD(改造データ)やツール利用についての考えとして、基本的に禁止が前提であること、ゲームバランスを崩すような外部ツールの利用には厳しいペナルティで臨むことが改めて示された。

 加えて、Twitter上で話題となっていたキャラクターの衣服を消すアダルト系のMODについても、「MOD文化はゲーム開発者、ユーザー、MOD開発者が互いに尊重しあうことで成り立つ文化である」としたうえで、「公共空間にそういった画像を広めることは法的にアウト」と警告した。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧