ダンボール箱、トランポリン、顕微鏡に勇者の剣。変わった“コントローラー”で遊ぶゲームイベント「make.ctrl.Japan」が2月22日に秋葉原で開催

  make.ctrl.Japanは、各地のイベントやメディアで話題になったゲーム10作品以上が秋葉原に集結するイベント「make.ctrl.Japan」(メイク・コントロール・ジャパン)を2月22日(土)に開催することを発表した。

 会場は東京・外神田のアキバCOビル 2F ガジェット通信フロア。入場料は無料で、12時から17時30分まで行われている。

 

 「make.ctrl.Japan」は、普通のコントローラーではない、変わったコントローラーで遊ぶゲームのみが出展しているゲームイベントだ。サイゲームズが協賛しており、ダンボール箱、トランポリン、顕微鏡など、一見コントローラーには見えないものばかりだが、これらはすべてゲームのコントローラー。

 出展されるものの中には、テレビやメディアで取り上げられた作品も多数出展され、ここでしかできないゲーム体験を楽しめる。たとえば、ダンボール箱をコントローラーにした『箱だけのブルース』では、ダンボールを持ち上げることでゲーム内のキャラクターが動き、「だるまさんがころんだ」の要領で進んでいく作品となっている。

 また、神奈川工科大学の中村研究室が開発した『ハイスピードヌードルアクション 湯切りの頂』では、ラーメンの湯切りに使う道具「テボ」を使って、麺をこぼさずに素早く麺を湯切りする直感的な遊びを楽しめる。

 ”身近なモノがゲームのコントローラーになる”ちょっと不思議なゲーム体験を、ぜひ家族や友人と楽しんでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧