名作シリーズ『プリンス・オブ・ペルシャ』がVR脱出アトラクションとして展開決定。『Prince of Persia: The Dagger of Time』が春より世界300か所で公開

 Ubisoftは、アトラクション型のVR脱出ゲーム『Prince of Persia: The Dagger of Time』発表した。欧州と北米を中心に世界300か所以上の会場で2020年春から公開予定となっている。

 今回発表されたゲームを制作するドイツのデュッセルドルフに拠点を置くUBISOFT ESCAPE GAMESは、これまで『Assassin’s Creed』をテーマにした『Escape the Lost Pyramid』『BEYOND MEDUSA’S GATE』のふたつのVR脱出ゲームを開発している。

(画像はUbisoft公式サイトより)

 『Prince of Persia: The Dagger of Time』は、2004年にリリースされた『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』から続く三部作の設定を直接引き継いでいる。脱出ルームに参加するプレイヤーは時間の女王であるカイリーナにゲームの世界へと呼び出されたという設定で、最大4人まで同時に遊ぶことができ、人数によって解決する謎の内容は変化する。

 記事執筆時点でトレイラーも公開されておらず、コンセプトアートが1枚公開されているだけだが、Ubisoftの公式ブログではゲームの内容に触れられている。

 『プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂』と言えば、トラップ満載のダンジョンを縦横無尽に駆け回り、時間のダガーを使った時間操作が大きな特徴だ。圧倒的な身体能力で行われるトラップ回避とプラットフォームアクションは普通の人間には難しく、そのため『Prince of Persia: The Dagger of Time』では時間のダガーによる時間操作でのパズルがメインコンテンツとなっている。とはいえ、高いところへ登るという体験はVRゲームと相性が良いので、そういったパートも用意されているようだ。

 最大4人で遊ぶ脱出ゲームだが、時間のダガーによって時を操れるのはそのうちのひとりだけだ。全員に与えられる時間のメダリオンの力でほかのプレイヤーも時間操作の影響を受けない。ひとりのプレイヤーが適切なタイミングで時間を操作し、ほかのプレイヤーが道を切り開くために全員で協力しなければならない。

(画像はSteam『Prince of Persia: The Sands of Time』より)

 なお今作はアクセシビリティも考慮されており、オペレーターはプレイヤーの状況によっていくつかのユーザビリティ機能をアンロックすることができる。開発には常に車椅子のプレイヤーも参加していたという。

 シリーズ最新作の『プリンス・オブ・ペルシャ 忘却の砂』がリリースされて2020年でちょうど10年に当たる。この『Prince of Persia: The Dagger of Time』がシリーズ復活に繋がる作品となるのか、メインシリーズの続報にも期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧