スイッチ版『Dead Cells』を無料で遊べる「いっせいトライアル」が2月24日から1週間開催。製品版にセーブを引き継ぎ可能で新DLC「The Bad Seed」も配信中

 任天堂は、Nintendo Switchの対象ソフトを、期間限定ですべて無料開放するイベント「いっせいトライアル」を2月24日(月・祝)の12時より開始することを発表した。

 対象タイトルはMotion Twinの『Dead Cells』、期間は3月1日(日)18時までの1週間だ。なお、参加には有料サービス「Nintendo Switch Online」への加入が必要となる。

(画像は任天堂 トピックスより)

 『Dead Cells』は、2018年に発売されたアクションゲーム。横スクロール画面でダンジョンを探索するメトロイドヴァニアの要素と、ランダムなマップや死亡によって一部の要素がリセットされるローグライトの要素を持つ、高難易度ながらも爽快感のあるプレイを楽しめる作品である。

(画像は任天堂 トピックスより)
(画像は任天堂 トピックスより)

 本作はこれまでにPC(Steam、GOG)、Nintendo Switch、PlayStation 4、Xbox OneおよびApp Storeで発売されており、2020年の第3四半期にはAndroid版もリリースされる予定となっている。

 また、2月11日(火)には、3つの追加エリアが登場する大型追加コンテンツ第2弾「The Bad Seed」がiOS版を除く機種で配信開始された。今回の「いっせいトライアル」で遊んだセーブデータは、そのまま購入した製品版へ引き継げるため、引き継ぎ後は本コンテンツの購入を検討してみるのもよいだろう。

 さらに、製品版が2月24日(月・祝)から3月8日(日)23時59分まで、通常価格(税込2480円)から30%オフの1736円(税込)で購入可能なセールもあわせて実施される予定だ。

 Nintendo Switch Onlineの加入者はぜひこの機会に『Dead Cells』を体験してみて、気に入ったら購入を検討してみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧