チームメイトは過去の自分。ループする時間を繰り返し勝利を目指すタイムループ系対戦FPS『Quantum League』のオープンベータテストが2月後半に開始

 Nimble Giant Entertainmentは、「時間がループする」というルールが特徴の対戦FPS『Quantum League』のオープンベータテストを現地時間2月21日からスタートすることを発表した。

 『Quantum League』でプレイヤーは未来の“クオンタムアスリート”となり、1対1か2対2で銃を使い戦う競技スポーツ試合に挑むことになる。

 ゲームの最大の特徴は、「18秒間を1ラウンドとして3ラウンド繰り返されるタイムループの中で戦う」という点だ。1度のラウンドでプレイヤーが行った行動は、次のラウンドでクローンが正確に軌跡を辿っていく。プレイヤー自身は次のラウンドで再生されるクローンたちとともに、また別のキャラクターとして別行動をとることになる。ループを3度繰り返したあと、設定された勝利条件を満たしたチームがスコアを得る。

 単純に3ラウンドを繰り返すだけでなく、タイムループをテーマにしたマルチプレイFPSのため、マッチ中はしばしばタイムパラドックスじみた出来事が起きるのも大きな特徴だ。
 たとえば最初のマッチで自分が敵に倒された場合でも、次のラウンドでそれよりも先に1ラウンド目で自分を倒した相手を倒してしまえば、再生された自分は倒されないことになる。そのため、タイムループがまだ残っているラウンドでは、すべてのプレイヤーが死亡したあとも仮の行動ができるようになっている。

 慣れてくれば、相手がリカバリーできないような致命的な一手を指す、詰め将棋のような戦略もとれるようになるだろう。クローズドβテストではいわゆる「キング・オブ・ザ・ヒル」と呼ばれるFPSでは馴染み深いルールがプレイ可能だが、時間のループがルールをより複雑なものへと変えている。

(画像はSteam 『Quantum League』より)
(画像はSteam 『Quantum League』より)

 マルチプレイFPSをプレイしていると、敵よりも味方に対して怒りを感じる場面が少なくないだろう。そういった怒りはひとりで遊んでも楽しいバトルロワイヤルゲームの流行のひとつの要因となったり、『Rainbow Six Siege』を一人でチームメイトすべてを動かす独創的なゲームプレイを実現する力の源にもなる。
 力業で『Rainbow Six Siege』のチームメイトをすべて自分ひとりで動かす事は難しいが、『Quantum League』の1対1ならゲームシステムとしてそれが可能だ。チームメイトは過去の自分。自分の選択がチームを敗北にも勝利にも導く。

 もし興味がある方はSteamの『Quantum League – Free Open Beta』をウィッシュリストに登録し、テストの開始を待ってほしい。それも待ちきれないという方は、IGNがNimble Giant Entertainmentと提携し、2月21日まで遊べるクローズドベータキーを配布している。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧