国内では「ガイルくん」の名で親しまれた”Etika”ことデズモンド・アモファ氏の死を悼む壁画がファンにより「ポケストップ」に認定

 任天堂の作品へのリアクション動画で有名なストリーマーのEtikaことデズモンド・アモファ氏が2019年に自殺したことを受け、彼のファンであるジョイコン・ボーイズちがニューヨークにアモファ氏の壁画を制作した。ジョイコン・ボーイズとは、アモファ氏が自分のファンの総称として付けた名前だ。

 アモファ氏は、Nintendo Directへのリアクション動画が注目を集め、日本国内でも「ガイルくん」の名で親しまれていた著名なストリーマーだ。
 精神障害と戦っていたことを公言しており、2019年6月「I’m Sorry」という謝罪と自殺を予告する動画をYoutubeに投稿、失踪した。2019年6月25日にニューヨーク市警は氏が溺死体として発見されたことを報告。氏が亡くなった事が正式に認められた。

 アモファ氏の死は、ファンたちがストリームでの愉快な側面だけを見て精神障害を”冗談”として受け止めていたことや、ストリーマーとしての一面と実際の人物像の違いなど、ファンやストリーマーの間で大きな議論を巻き起こした。

 一連の議論の間、ストリーマーのAbe Hunter氏やPewDiePie氏は、自身の収益やクラウドファンディングで得た寄付金を「National Alliance on Mental Illness」(精神障害に関する全国同盟)に寄付した。そして、Abe Hunter氏はこの事件を忘れないため、複数のアーティストと協力してブルックリンに壁画を制作した。

(画像はlumen氏のTwitterアカウントより)

 最期の投稿となった動画の中で、アモファ氏は「私の話が、将来何らかの形でYouTubeをより良い場所にするのに役立つことを願っています」と語っていた。

 2020年2月に入り、壁画はNiantic Wayfarerプログラムを通じ、ファンたちの手によって『Pokémon GO』のポケストップとして承認された。ポケストップには「Etikaの死を忘れない。ジョイコン・ボーイズよ永遠に」と刻まれている。

(画像はREVERSAL氏のTwitterアカウントより)

 この壁画をポケストップにしようと動いたのは、アモファ氏の親友だというストリーマーのREVERSAL氏だ。PolygonのインタビューでREVERSAL氏は「Etikaは『Pokémon GO』を愛していた」と語っている。

 オランダに住むREVERSAL氏はすぐにニューヨークへとおもむき、ポケストップの画像を共有。ニューヨークの『Pokémon GO』コミュニティに対し、感謝のメッセージをツイートしている。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧