「上上下下左右左右BA」でお馴染みのコナミコマンドの生みの親・橋本和久氏が死去。コナミのゲームを超え、数多くの作品にオマージュされて親しまれたコマンド

 コナミコマンドを生みだしたプログラマー、橋本和久氏が死去したことを海外のKonami公式Twitterアカウントがツイートした。コナミコマンドとは、ゲームのコントローラーで「上上下下左右左右BA」と入力する隠しコマンドのことだ。

 もともとはファミリーコンピュータ版『グラディウス』で、ポーズ中に入力すると戦闘機が強化されるという隠しコマンドだった。この隠しコマンドが生まれた背景としては、橋本氏は『グラディウス』のファミコン移植版に携わることとなったものの、もともとオリジナル版の『グラディウス』をあまりプレイしておらず、自分には難しく感じたので、コナミコマンドをゲームに組み込んだという。なお、入力するコマンドについては覚えやすいものがきっかけだったようだ。

 このコマンドは、以後の『グラディウス』シリーズはもちろん、コナミのゲームでもイースターエッグとして多く採用された。一例を挙げると、『パロディウス』シリーズ『魂斗羅』シリーズ『悪魔城ドラキュラ』シリーズ『悪魔城スペシャル:ぼくドラキュラくん』『悪魔城年代記 悪魔城ドラキュラ』など)、『ダンスダンスレボリューション』シリーズ『2ndMix』以降)、『ときめきメモリアル ~forever with you~』『サイレントヒル3』などが挙げられる。海外では『魂斗羅』によって広く知られることとなったようだ。

 また『メタルギアソリッド2 サンズ・オブ・リバティ』『メタルギアソリッド3 スネークイーター』『メタルギアソリッド4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット』にも採用されている。特に『メタルギアソリッド3』ではボスであるジ・エンドと戦うときに使うと、マップにジ・エンドが表示される仕組みになっており、助けられたプレイヤーもいるはずだ。

 コナミ以外の作品にもオマージュとして採用されており、『バイオショック インフィニット』『ボーダーランズ2』『Anthem』『GTAオンライン』『フォートナイト』『マリオパーティー』などにもオマージュされている。またゲームに留まらずグッズになったり、映画『シュガーラッシュ』にも登場。橋本氏が考案した覚えやすいコマンドは、人々に親しみやさを感じさせたようだ。

(画像はPS Store「アーケードアーカイブス グラディウス」より)

 橋本和久氏が死去について、SNSではゲームファンやゲームクリエイターから同氏の死を惜しむ声が多く寄せられている。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧