Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品

 スクウェア・エニックスは、2014年よりSteamで海外向けに配信している『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信を2月28日(金)より開始した。価格は1980円(税込)だが、3月3日(火)までは50%オフの990円で購入可能だ。

Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品_001
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)

 『ファイナルファンタジーIII』は、1990年に発売されたファミリーコンピュータ用RPG。なお、今回国内向け配信を開始したPC版は、2006年にリメイクされたニンテンドーDS版がベースとなっている。

Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品_002
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)
Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品_003
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)

 さまざまな能力を持つ「ジョブ」を変更して戦う「ジョブチェンジシステム」や、シヴァ、バハムートなどの召喚獣を呼び出す「召喚魔法」など、以降の『ファイナルファンタジー』シリーズにも引き継がれた要素が初登場したのも『ファイナルファンタジーIII』である。

Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品_004
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)
Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品_005
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)

 Steam版では21:9の画面比率への対応をはじめ、イベントシーンやインターフェースを一新。本作の通信要素である「モグネット」などのやり込み要素もリニューアルされた。また、今回の国内向け配信にあわせて、Steam版および配信中のiOS版Android版にオートバトル機能や倍速戦闘モード、イラストやBGMを楽しめる「ギャラリーモード」の追加が行われている。

 今回配信された『ファイナルファンタジーIII』以外にも国内向け配信が行われていないシリーズタイトルは複数存在するため、今回の国内向け配信を皮切りに、シリーズタイトルが充実していくことを願いたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品_006
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ