Steam版『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信が開始、3月3日までは50%オフの990円で購入可能。「ジョブチェンジ」「召喚獣」が初搭載され、シリーズのターニングポイントとなった作品

 スクウェア・エニックスは、2014年よりSteamで海外向けに配信している『ファイナルファンタジーIII』の国内向け配信を2月28日(金)より開始した。価格は1980円(税込)だが、3月3日(火)までは50%オフの990円で購入可能だ。

(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)

 『ファイナルファンタジーIII』は、1990年に発売されたファミリーコンピュータ用RPG。なお、今回国内向け配信を開始したPC版は、2006年にリメイクされたニンテンドーDS版がベースとなっている。

(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)

 さまざまな能力を持つ「ジョブ」を変更して戦う「ジョブチェンジシステム」や、シヴァ、バハムートなどの召喚獣を呼び出す「召喚魔法」など、以降の『ファイナルファンタジー』シリーズにも引き継がれた要素が初登場したのも『ファイナルファンタジーIII』である。

(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)
(画像はSteam「FINAL FANTASY III」より)

 Steam版では21:9の画面比率への対応をはじめ、イベントシーンやインターフェースを一新。本作の通信要素である「モグネット」などのやり込み要素もリニューアルされた。また、今回の国内向け配信にあわせて、Steam版および配信中のiOS版Android版にオートバトル機能や倍速戦闘モード、イラストやBGMを楽しめる「ギャラリーモード」の追加が行われている。

 今回配信された『ファイナルファンタジーIII』以外にも国内向け配信が行われていないシリーズタイトルは複数存在するため、今回の国内向け配信を皮切りに、シリーズタイトルが充実していくことを願いたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧