『バイオ』『サイレントヒル』から影響を受けたコミック的ビジュアルのホラーゲーム『Lies Beneath』正式発表。異形の存在と戦う娘の体験をVRで描く

 『Gears of War』シリーズ『Bullet Train』を開発したレイ・デイヴィス氏がCEOを務めるDrifter Entertainmentは、VR向けサバイバルホラーゲーム『Lies Beneath』発表した。3月31日にOculus Quest、4月14日にOculus Riftプラットフォームにてリリースされる。

 『Lies Beneath』は、『バイオハザード』『サイレントヒル』シリーズに強く影響を受けた作品だ。アラスカ州にある架空の都市スランバーを舞台に、大学生メイが父を救うために恐ろしい町の住人やクリーチャーと戦う。

 一目見ればわかる大きな特徴はそのグラフィックで、ゲームのアートスタイルは『ウォーキング・デッド』のバーニー・ライトソン氏や『ヘルボーイ』のマイク・ミニョーラ氏、ホラー漫画家の伊藤潤二氏、奇想漫画家の駕籠真太郎氏といった著名な漫画家から影響を受けている。

 音楽は『Halo 5: Guardians』『METAL GEAR SOLID』シリーズといった作品の製作に参加した陣内一真氏と若手コンポーザーのリチャード・ウィリアムズ氏が手がける。

(画像は『Lies Beneath』公式サイトより)
(画像は『Lies Beneath』公式サイトより)

 ゲームプレイは近接戦闘と遠距離戦闘どちらも取り入れており、トレイラーではVRゲームらしく両手に武器を持ちモンスターと戦っている様子を確認できる。敵が投げてきたナイフを投げ返すようなシーンもある。本編ではサバイバルホラーらしく謎解きや探索要素も用意されているという。

 クリエイティブディレクターのブライアン・マーフィー氏は、ゲームの開発中は常に同僚たちを怖がらせることを念頭にゲームを開発していたと語っている。日常のプレイテストでは少し多めのホラーを加えて、同僚をおびえた子供のように叫び声を上げる機会をつねに探していたという。

(画像は『Lies Beneath』公式サイトより)
(画像は『Lies Beneath』公式サイトより)

 『Lies Beneath』はプロモーションにも力を入れており、ゲームの舞台となる架空の町「スランバー」の観光案内ページを製作している。観光案内によれば、恐ろしい殺人や失踪の物語を交えたゴーストツアーが開かれているという。うち捨てられた村や缶詰工場など、どうやらゴーストツアーのページはゲームで訪れるロケーションを説明しているようだ。

 おどろおどろしさの中にかっこよさを持つグラフィックの『Lies Beneath』は3月31日にOculus Quest、4月14日にOculus Riftプラットフォームにてリリースされる。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧