3月10日は「マリオの日」。“March 10”を省略した“Mar.10”がマリオと読めることから始まった世界一有名な配管工の記念日

 3月10日は「マリオの日」と特に英語圏で呼ばれており、これは「March 10」が「Mar.10」と短縮され、それが「Mario」と読めるというジョークから来ている。

 かつては非公式にファンたちの間で祝われていたが、2016年に米任天堂が初めてマリオの日を取り上げ、記念動画をアップロード。2017年にはアメリカのABCニュースが「ナショナル・マリオ・デー」として取り上げ、さらに多くの人々に知られることになった。

 マリオは媒体によって人物像が少しずつ変更されているが、公式サイトでも示されているように、青いオーバーオールと赤い帽子、そして口ひげがトレードマークの陽気で明るい男性という点でほぼ共通している。職業は配管工が有名だが、冒険家、医者、大工、あるいは赤ちゃんと作品によってさまざまだ。

 弟のルイージとはさまざまな作品で協力し、素晴らしいチームワークを見せてきた。また、ピーチ姫に惚れ込んでおり、彼女が困ればどんなときにも助けにいく。ピーチ姫のピンチの多くはライバルであるクッパによる悪巧みだが、場合によってはクッパと協力することもある腐れ縁だ。

(画像はマリオポータルより)

 マリオが初めて登場したのは今から約30年前、1981年に発売された『ドンキーコング』で、当時は「ジャンプマン」と呼ばれていた。1985年に発売された『スーパーマリオブラザーズ』は、累計販売本数4000万本のビデオゲーム史上でもまれに見る大ヒット作となる。その後も無数のビデオゲームに任天堂の顔役として主役・脇役問わず登場。任天堂だけでなく、ビデオゲームそのものを代表する「ミスタービデオゲーム」としての地位を獲得していった。

 2017年に発売された3Dマリオ最新作『スーパーマリオオデッセイ』では、新アクション帽子投げを習得。「またもや」と公式にも突っ込まれるほど幾度もさらわれるピーチ姫を追いかけ、オデッセイ号に乗り込んで海や森、料理の国といったさまざまな国を冒険した。

 今日ではアクションゲームだけでなく、スポーツ、レース、RPG、パーティゲームと多彩なジャンルでマリオの姿を見ることができる。活躍の場はビデオゲームだけにとどまらず、マンガやアニメ、小説、映画とさまざまなメディアへも飛び出していった。

(画像はニンテンドーeショップ『マリオカート8 デラックス』より)

 マリオは創作物の中だけでなく、現実世界にも影響を与えている。2011年にはギネス世界記録が「ギネス世界記録ゲーマーズエディション」のひとつとして、ファン投票により選出される「ゲーム史上もっとも有名なゲームキャラクタートップ50」が発表され、栄えある1位にマリオが輝いた。

 2016年に行われたリオデジャネイロ・オリンピックの閉会式では、おなじみの緑色の土管からマリオに扮した安倍晋三首相が登場。2020年の東京オリンピックの引き継ぎのパフォーマンスを行った。

 2020年には大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、任天堂の作品をテーマにしたエリア「SUPER NINTENDO WORLD」がオープン予定だ。『スーパーマリオ』からは、『マリオカート』や「ヨッシー」のライドアトラクションなどが登場する。

(画像はマリオポータルより)

 米任天堂はマリオの日を祝い、公式デジタルストアのほか、米アマゾンベストバイウォルマートで記念セールを実施している。

 Mar.10という表記自体が日本ではマイナーなためか、日本ではあまりマリオの日を祝う風習は無いようだ。とはいえ年に一度の「マリオの日」、3月10日は大好きなマリオ作品で遊んだり、お気に入りのグッズをSNSで紹介してみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧