発売中の『CoD:MW』に150人参加のバトルロイヤルモード『Warzone』が登場。基本プレイ無料でソフト本体を持っていなくても遊べる

 日本時間3月11日(水)午前1時、発売中の1人称シューティング(FPS)ゲーム『Call of Duty: Modern Warfare』(CoD:MW)にて、拡張モード『Call of Duty: Warzone』(CoD:Warzone)の配信が開始される。

 『Call of Duty』は、2003年からActivisionが発売しているミリタリーFPSシリーズ。最新作『CoD:MW』はシリーズ19作目のタイトルとして、2019年10月に発売された。

 今回配信がスタートした『CoD:Warzone』は基本プレイ無料で、『CoD:MW』が無くても単体で楽しめる。また、異なる機種のプレイヤーと一緒に遊べるクロスプラットフォームプレイに対応しているほか、進行状況が本体と共有されるため、『CoD:MW』で獲得したカスタマイズを『CoD:Warzone』で使用可能だ。

 『CoD:Warzone』では最大150人のプレイヤーが参加し、毒ガスが迫るなかで生き残る「バトルロイヤル」と、さまざまな戦術目標を達成することで賞金を集める「Plunder」の2種類のモードをプレイできる。どちらのモードも、舞台となるのは『CoD:MW』のシングルプレイモードで訪れる「ヴェルダンスク市街」である。

 両モード共通の特徴として、配信時点では3人組でのプレイとなる。くわえて、目標を達成すると賞金をもらえる契約(Contract)や、さまざまな特殊アイテムを購入できるショップ(Buy Station)が広大なマップ内に発生。四輪バギー(ATV)、タクティカルローバー、SUV、カーゴトラック、ヘリコプターからなる5種類の乗り物に乗って長距離を移動可能だ。

 個別の特徴としては、「バトルロイヤル」では最初の死亡時にグラーグ(収容所)と呼ばれる場所へ送られ、1対1の敗者復活戦を行うことになる。勝利すれば戦線へ復帰し、敗北した場合でも、仲間が特定の特殊アイテムを入手することで復活する。

 また、「Plunder」では敵を倒した際に賞金を奪うことができるため、堅実に契約をこなすだけでなく、積極的に敵を見つけて賞金を奪うプレイングも必要となるだろう。

 『CoD:Warzone』が遊べるようになる時間は『CoD:MW』の有無によって異なり、『CoD:MW』の所有者は日本時間3月11日(水)午前1時、非所有者は同日午前4時からのスタートとなる。ダウンロードサイズは『CoD:MW』の最新アップデートを適用している場合で20ギガバイト(GB)前後だが、非所有者の場合は100GB前後のダウンロードを要求されるため、興味がある場合は早めにダウンロードを開始しておくとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧