『ドラゴンボールZ KAKAROT』の全世界累計販売本数が200万本を突破。アニメ『ドラゴンボールZ』の物語を追体験できるアクションRPG

 バンダイナムコエンターテインメントは、発売中の悟空体験アクションRPG『ドラゴンボールZ KAKAROT』にて、全世界累計販売本数が200万本を突破したことを欧州向けの公式Twitterアカウントより伝えた。

 『ドラゴンボールZ KAKAROT』は2020年1月、PlayStation 4、Xbox Oneおよび海外Windows(Steam)向けに発売されたアクションRPG。主人公の「孫悟空」として、鳥山明氏原作のアニメ『ドラゴンボールZ』の物語を追体験できる。

 RPGの要素として、戦闘だけでなく料理や修行、探索などの日常を通じてすべての行動が成長へとつながる「戦闘力」システムが存在する。また、空飛ぶ車「エアカー」でのレース要素や二足歩行ロボの開発などのサブクエストも充実している。

『ドラゴンボールZ KAKAROT』の全世界累計販売本数が200万本を突破。アニメ『ドラゴンボールZ』の物語を追体験できるアクションRPG_001
(画像はバンダイナムコエンターテインメント公式サイト『ドラゴンボール Z KAKAROT』より)
『ドラゴンボールZ KAKAROT』の全世界累計販売本数が200万本を突破。アニメ『ドラゴンボールZ』の物語を追体験できるアクションRPG_002
(画像はバンダイナムコエンターテインメント公式サイト『ドラゴンボール Z KAKAROT』より)
『ドラゴンボールZ KAKAROT』の全世界累計販売本数が200万本を突破。アニメ『ドラゴンボールZ』の物語を追体験できるアクションRPG_003
(画像はSteam『DRAGON BALL Z: KAKAROT』より)

 中には、鳥山明氏が新たに起こした“幻のギニュー特戦隊員”などの新設定も盛り込まれており、原作の名に恥じぬ忠実な再現度と、追加された新たな要素の数々が注目を集めている。

 バンダイナムコエンターテインメントが2月6日に実施した「第3四半期決算説明会テレカンファレンス」の説明概要によれば、『ドラゴンボールZ KAKAROT』は発売初週で全世界累計販売本数が150万本を突破し、2020年3月の年度末までに200万本を突破する見込みを立てていた。

ライター/ヨシムネ

ライター
『ドラゴンボールZ KAKAROT』の全世界累計販売本数が200万本を突破。アニメ『ドラゴンボールZ』の物語を追体験できるアクションRPG_004
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ