『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の全世界累計販売本数が500万本を突破。拡張コンテンツでありながらも490万本を売り上げた『モンスターハンターポータブル 3rd』の記録を越える

 カプコンは3月13日(金)、発売中の『モンスターハンター:ワールド』(以下『ワールド』)において、超大型拡張コンテンツ『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の全世界累計販売本数が500万本を突破したことを発表した。

 『モンスターハンター』は、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームのシリーズである。2004年に第1作を発売して以来、ネットワークを介して「他のプレイヤーと協力して強大なモンスターに挑む」プレイジャンルを確立し、シリーズ全体の累計販売本数は3月13日時点で6200万本を誇る。

 2018年1月には『ワールド』が発売され、継続的なアップデートやストーリークリアに役立つ武器や装備の無料配信、Steam版の発売など、さまざまな形でのユーザーサポートを実施。1月2日時点で全世界累計1500万本を達成し、カプコン史上最高の販売本数を持つゲームとなっている。

 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、有料の超大型追加コンテンツとして2019年9月に発売された。同年12月には、アジア地域でのヒットタイトルが対象のアワードイベント「PlayStation Awards 2019」にて、「PlayStation Network Award」をはじめ複数の賞を獲得している。

 カプコンのゲームシリーズでもっとも累計販売本数が多いのは『バイオハザード』シリーズだが、9500万本の数字は135本ものシリーズタイトルが積み重なって生まれた大記録だ。

 100万本以上を売り上げたタイトルをランキング順で掲載する「ミリオンセールスタイトル」のページを確認すると、同シリーズ最高の売上を持つ『バイオハザード5』は760万本にとどまっている。

 3位以下は『バイオハザード6』(740万本)、『バイオハザード7 レジデント イービル』(700万本)、『ストリートファイターII』(630万本)と続き、『バイオハザード』シリーズ最新作の『バイオハザード RE:2』は580万本を売りあげている。個別に見ると、ロングセラーの『ストリートファイターII』がひとつの試金石になっているといえるだろう。

2019年12月31日時点でのミリオンセールスタイトルランキング
(画像は株式会社カプコン | ミリオンセールスタイトル一覧よりキャプチャ)

 『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は拡張コンテンツであるためランキングには掲載されていないが、『モンスターハンター』シリーズで2番目の売上を持つ『モンスターハンターポータブル 3rd』の490万本を上回ったことは、『ワールド』の成功をより強く裏付ける結果となったと考えられる。

 2月にはiOS、Android用新作ゲーム『モンスターハンター ライダーズ』を投入し、300万ダウンロードを達成。9月にはミラ・ジョヴォヴィッチ主演のハリウッド実写版も公開予定の『モンスターハンター』シリーズ。『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に今後追加予定のコンテンツからも、目が離せなさそうだ。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧