かわいくて不気味なホテルの謎を解き明かす『Hotel Sowls』が日本語でプレイ可能に。独特なグラフィック世界の中を探索するミステリーアドベンチャーゲーム

 Studio SOTTはミステリーアドベンチャーゲーム、『Hotel Sowls』の日本語訳が完了したことを発表した。
 韓国のふたりのプログラマーが開発した本作は2019年12月からSteamで配信されているタイトルで、プレイヤーやほかの協力者とともに発売日から日本語訳の間違っている個所を訂正していた。

 本作は独特なグラフィックと、突拍子もないホテルの従業員や宿泊客、寂し気でありながら、けど足を進めたくなるBGMが絶妙にマッチしたアドベンチャーゲームだ。

 つらい旅の末、高価で神秘的な石を発見した主人公は、怪しげなで埃っぽい「ホテル・ソウルズ」で休憩することにする。しかし朝起きるとその石がなくなっていて、ホテル内を探していくとさまざまな謎と直面していく。何者かが残した日記帳の断片を集めながら、石とホテルの関係の謎を解き明かしていくことが目的だが、エンディングは8種類あり、まったく謎を解かずに逃げても良い。

(画像はSteam「Hotel Sowls」より)

 「ホテル・ソウルズ」には、インゲン豆のオブジェや触れるだけで朽ちてしまう風船、プールに浮かぶ魚などヘンテコなものがたくさんある。その異様な雰囲気に、どんなプレイヤーも疑問を抱き、ホテル内のキャラクターに話しかけるが、誰もホテルについて話してくれないし、むしろ何かを隠しているような素振りを見せてくることもある。

(画像はSteam「Hotel Sowls」より)

 ホテルの宿泊客やスタッフは、どう見ても人間のようには見えない者たちが多い。ケチャップになってしまうことを恐れている腐ったトマト、不穏な未来をタロット占いで予測するバーテンダー、ひたすらカーペットの掃除をするメイドなど。みんな、何かに没頭しているのだが、何か忘れ去られてしまったかのような悲しさを持っている。

(画像はSteam「Hotel Sowls」より)

 本作の大きな欠点として日本語訳が不十分で、理解できない箇所がいくつかあったことが挙げられるが、今回のアップデートでそれが解消された。
 ひとつのエンディングに到達するまで2時間かからないので、絵本を読むような感覚でホテルの住人と接してみるのはいかがだろうか。彼らは「ホテル・ソウルズ」、つまり魂について常に自問している。このゲームならではのキャラクターが生み出す感動がきっとあるはずだ。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧