「PS5」の詳細スペックやシステム設計情報が解禁。ロード時間は2GBをわずか0.27秒、PS4互換はすでに100作を確認、新オーディオエンジンで雨粒から音を再現

 ソニーは3月19日、「PlayStation 5」の技術者向けプレゼンテーション動画を公開した。

 Playstation 5のシステム設計の詳細や、それがゲーム開発者にとってどのような意味があるのかをリードシステムアーキテクトのマーク・サーニー氏が解説。もともとゲーム開発者向けプレスカンファレンス「GDC」にあわせて公開予定だったもので、事前に「より深く」と告知されていたとおりのふさわしい内容となっている。

 最初に解説されたのは、新たに搭載されるSSDがゲーム開発者にとってどのような意味を持つのかという点だ。「次世代の鍵」と表現するほど力を入れている、PlayStation 5にとってもっとも重要な要素だ。

 PlayStaiton 5に搭載されるのは専用にカスタムされた825GBのSSD。Xbox Series Xに比べて若干記憶容量は少ないが、海外メディアWiredで以前報じられたように、ゲームを複数のブロックとして管理することで、たとえばシングルプレイキャンペーンはインストールせずマルチプレイゲームのみをインストールするなど、ゲームの柔軟な管理が可能となるという。

 また、海外メディアEurogamerによれば、NVMe SSDスロットを持ち、USB接続の外付けHDDにも対応する。

 さらにPlayStation 5のSSDのロードタイムは1秒間に5GBをターゲットにしていることも明らかにされており、サーニー氏はPlayStation 4のHDDと比べた帯域やシークタイムからロード時間を算出して紹介した。
 HDDでは1GBを20秒で読み込んでいたが、PlayStation 5のSSDは2GBをわずか0.27秒で読み込むことができるとしている。『Marvel’s Spider-Man』のように、マップ間移動のロード時間を地下鉄での移動で表現するようなテクニックはもう不要だと語った。

(画像はYouTube「The Road to PS5」より)

 PlayStation 5の後方互換についても情報が明かされた。うれしいことに、多くのPlayStation 4およびPlayStation 4 Proのゲームとの互換性を持つとのこと。

 ただしケーニー氏は、一部のゲームについては「PlayStation 5のブーストされた処理速度を一部のゲームコードが処理できない」とし、タイトルごとにテストする必要があると語る。少なくとも現時点では、すべてのPlayStation 4タイトルの完全な互換はまだ確認できていないということだろう。

 しかし、プレイタイムを基準にしたPlayStation 4の人気タイトルトップ100のほぼすべてのタイトルがPlayStation 5でも動作したことが明らかにされている。現在も検証は続いており、4000タイトル以上あるPlayStation 4タイトルのほぼすべてがPlayStation 5リリース時に動作するだろうとケーニー氏は予想している。

(画像はYouTube「The Road to PS5」より)

 講演では新たな3Dオーディオエンジン「Tempest Engine」も紹介された。サウンドバーやヘッドフォン、あるいはモニターのピーカーなど、ユーザーがどういったオーディオ機器を使用しているかに関係なく、すべての環境で高品質のオーディオを提供する事が目標だ。

 今日のゲームは雨音をひとつのサウンドエフェクトとして表現する。Tempest Engineは地面に落ちる雨粒に3Dオーディオソースを挿入してシミュレートし、まるで本当の雨の中に立っているような感覚を生み出すという。周囲の雨音を雨粒のひとつひとつから再現し、本当の嵐の中にいるようなサウンドを実現するからTempest(嵐)Engineなのだろう。

(画像はYouTube「The Road to PS5」より)

 このほか、日本語での公式発表文と詳細スペックも公開されており、機体スペックは以下のとおりとなっている。

・CPU:「x86-64-AMD Ryzen™ “Zen 2″」(8コア / 16 スレッド、周波数:最大 3.5GHz まで可変)
・GPU:「AMD Radeon™ RDNA 2-based graphics engine」(レイトレーシング アクセラレーション、周波数:最大 2.23GHz まで可変)(10.3 TFLOPS)
・システムメモリ:「GDDR6 16GB」
・バンド幅:448GB/s
・SSD 825GB
・読み込み速度:5.5GB/s(Raw)
・PS5 ゲームディスク:Ultra HD Blu-ray™(100GBまで)
・映像出力:4K 120Hz TV、 8K TV、VRR 対応(HDMI2.1規格による)
・オーディオ:”Tempest” 3Dオーディオ技術

 全貌の一部が明らかになったPlayStation 5。今回はGDC向けの発表と言うこともあり、ユーザーとしての利便性や機能の面の詳細は少なかった。今後の発表に期待したい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧