「Steam」の同時接続者数が2200万人を超える。ゲームの無料配布やフリーウィークエンドにより毎週のように記録を更新し続ける

 ゲーム配信プラットフォーム「Steam」の情報を収集するサービス「Steam DB」の調査で、Steamの最大同時接続者数が3月21日に2267万人を超えていたことがわかった。新型コロナウイルスによる外出自粛が理由とみられるオールタイムピークの更新が続くSteamだが、利用人口はまだまだ伸び続けている。

 また、ピークプレイヤー数も700万人を超え、統計を取り始めた2018年とほぼ同じ水準まで増加している。

(画像はSteamDBより)

 Steamでは先週末より、今後発売される注目のインディゲームのデモ版が遊べる「ゲームフェスティバル:スプリングエディション」が開催されているほか、『Tomb Raider』『LARA CROFT AND THE TEMPLE OF OSIRIS』といった作品の無料配布が開始。また『Football Manager 2020』が25日まで無料でプレイできるなど、お金を掛けずに楽しめるイベントが続いている。

 SteamDBのチャートを見ると、大きくプレイヤー数を伸ばしているのは『Counter-Strike: Global Offensive』だ。3月に入りこれまで超えることの無かったピークプレイヤー数100万人を突破、110万人が同時に遊ぶ大人気ゲームとなっている。

 また、『Football Manager 2020』のチャートを見ると、ピークプレイヤー数がこれまでの2倍以上となる18万人を獲得する大健闘を見せている。新型コロナウイルスにより欧州各国で現実のフットボールトーナメントが延期され、ワトフォードFCなどのチームはゲームで現実の試合をシミュレートするファンサービスをSNS上で実施した。こうした流れがフットボールファンのあいだでゲームの知名度を上げ、フリーウィークエンドで大きくプレイヤー数を獲得したのではないかと考えられる。

 無料配布された『Tomb Raider』もチャート上で、これまで1万人を超えることのなかったピークプレイヤー数が無料配布後に9万人に迫るプレイヤー数を記録した。3月20日に発売となった『DOOM Eternal』のチャートはピークプレイヤー数10万人。前作『DOOM』のチャートがローンチ時に4万4000人だったことを鑑みると、力強いローンチを遂げている。

(画像はSteam 『Tomb Raider』より)
(画像はSteam 『DOOM Eternal』より)

 毎週のように同時接続数を伸ばし続けるSteamでは、さまざまな企業が新型コロナウイルス対策支援としてゲームの無料配布やフリーウィークエンドを行っている。今回の同時接続数増は、これまでSteam DBのトップチャートにあまり現れることのなかった、シングルプレイ中心のゲームも存在感を増していることが特徴だ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧