『あつまれ どうぶつの森』をホラー化する創作が流行中。斧を持ったむらびとや血まみれの部屋など、明るいスローライフと正反対の作品が多数投稿

 3月20日にリリースされ、国内外で高い評価を受ける『あつまれ どうぶつの森』。DIYをテーマにしているだけに、ファンは思い思いの形で無人島を盛り上げているようだ。そんな中、ほのぼのとしたスローライフとホラーの相性は抜群なのか、『あつまれ どうぶつの森』をホラー化する楽しみを見いだしたファンも少なくないようで、数々の力作をSNS上に投稿している。Polygonなどの海外メディアが報じている。

 もっとも多い創作は、「むらびと」が斧を持ってたたずむスクリーンショットとなっている。
 『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』では、参戦を紹介する動画で何かを企むような影のある顔を披露し、表情を全く変えないままほかのファイターをボコボコにする姿が大きな話題となった。その姿から海外では“殺人鬼”などと呼ばれる独特のミームが生まれた。

 ほかにも本作では「マイデザイン」機能を使うことでドット打ちの要領で絵を描き、それを地面に張ったり、洋服のデザインとして使うことができる。自由にデザインできるため、血糊を表現したり、恐ろしげな絵を描いたりと、ホラーをテーマにした作品が多数公開されている。マイデザインの絵だけでなく、スコップを小道具として用いた芸の細かいものもある。

(画像はLiz England氏のTwitterより)
(画像はDaniel Kennedy氏のTwitterより)
(画像はNic Freeman氏のTwitterより)

 2月に公開された「あつまれ どうぶつの森 Direct 2020.2.20」で森にひっそりとたたずむ墓石が見つかったことも記憶に新しい。明るくのんきな島でのスローライフと、ふとした瞬間に垣間見える暗い雰囲気というのは、クリエイター魂を揺さぶるものがあるのかもしれない。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧