戦車や戦闘機を自由に作るクラフト兵器ゲーム『Dieselpunk Wars』6月にベース版配信へ。空気抵抗や機体重量などの制約の中で最高の機体を作ろう

 戦車や戦闘機、船舶を作る兵器クラフトゲーム『Dieselpunk Wars』が現在「Image Power」と「Roasted Games」によって開発中だ。Steamでは同作のストアページがオープンされた。

 『Dieselpunk Wars』は、300種以上のパーツを組み合わせ、戦車や戦闘機、輸送船、あるいは想像力を働かせたまったく新しい兵器を自由に作ることが可能なサンドボックスタイプのクラフトゲームだ。

 パーツには武器、装甲、車輪や推進システムなどがそろっており、すべてのパーツが機体全体に影響を及ぼす。機体は自由な発想で作ることができるが、飛行できないほど空気抵抗の激しい形状の飛行機や、浮力を超える重量の武器を搭載した船などは役に立たない。制約の中でいかに効率的な兵器を組み立てるかが求められる。

 また、すべての機体にはコアとなるブロックが中心となっており、すべてのパーツはコアに接続するように組み立てる必要がある。戦闘ではこのコアが破壊されると機体が爆散するので、コアをどこに配置するかが重要となる。

 機体を組み上げたら戦闘開始だ。ゲーム内の物理学に基づいた弾道・貫通計算が行われるため、装甲厚を最大限に高めるいわゆる「昼飯の角度」を使って貫通を防ぐなど、性能を最大限に発揮する操縦テクニックも重要となる。エンジンのオーバーヒートも再現されるので、ただ闇雲に装甲を厚くして戦場を走り回れば勝てるゲームではない。

 ゲームにはクリアするとさまざまなパーツが手に入るシングルキャンペーン、自由に機体を制作できるクリエイティブモードが用意されている。なお残念ながらマルチプレイには対応していないようだ。

(画像はSteam 『Dieselpunk Wars』より)
(画像はSteam 『Dieselpunk Wars』より)
(画像はSteam 『Dieselpunk Wars』より)

 2月にKickstarterキャンペーンを成功させ、6月にはゲームのベースバージョンのリリースが予告されている『Dieselpunk Wars』。『Besiege』のような、リアルな物理エンジンを搭載し、制約の中で自由な発想で戦闘機械を組み立てるゲームが好きな方にはたまらない作品になるだろう。Steamワークショップにも対応するので、独創的な機体がゲームを賑わすことになりそうだ。

 リリース後は最大で8ヶ月ほど開発が続くとされているので、ストアページに説明は無いが早期アクセス版として発売されそうだ。興味のある方はSteamストアでゲームをウィッシュリストに登録し、ゲームのリリースを待ってほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧