美術館が絵画を『あつ森』にインポートするツールを公開。自由に絵画を配置してオリジナルのギャラリーを作ろう

 アメリカのゲッティ美術館が、コレクションの絵画を『あつまれ どうぶつの森』内のマイデザインにインポートするためのQRコードを生成するツールを公開した。

 ゲッティ美術館のどうぶつの森アートジェネレータは非常に使いやすく、美術館のコレクション(絵画、彫刻、図面など)を検索するだけで、Nintendo Switch OnlineモバイルアプリでスキャンできるQRコードが生成される。このオンラインツールは、Animal Crossing Pattern Toolに基づいているため、オリジナルのパターンを作成したり、既存の画像をブラウザ内で描きかえることができる。

 ゲッティ美術館のコレクション約70000万のほか、IIIF(International Image Interoperability Framework)マニュフェストのURLを貼ることによっての他の美術館や博物館の画像もインポートすることができる。URLの取得は大変骨が折れる作業になってしまうが、国際肖像画美術館のサイトでは比較的簡単に取得できるので、試していただきたい。

 また公式ツイッターや「#ACartgenerator」で検索すると、さまざまな使用例を確認することができるので、参考にするのもよいだろう。

 私自身も、どうぶつの森アートジェネレータを使用して部屋の中にギャラリーを作ってみることにした。これらは、人気アイドルアニメ『プリパラ』に登場する黄木あじみの、語尾につけられた画家の絵画を集めたものだ。このようにして、美術館が絶対にやらないようなキュレーションを自ら行うことができる。

 美術館や博物館が閉鎖している今、このようなツールによって新たな美術体験をうながす活動が増えてきている。なにかお気に入りの絵画がみつかるまで、このツールを試してみてはいかがだろうか。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧