「ゲーセン環境音」の“作業用BGM”配信が話題に。岩手県奥州市の「奥州テクノワールド」独自の取り組み

 岩手県奥州市のゲームセンター「奥州テクノワールド」は4月20日(月)、YouTube Liveにて「自宅待機の人に届けるゲーセン環境音」の配信を実施し、3万回以上の再生数を集めている。

 奥州テクノワールドは「5鍵」と呼ばれる『beatmania』の初期筐体や、『スペースインベーダー』の亜流作品としてワールドベンディングが開発したワールドインベーダーなどの古く珍しい筐体を設置しているゲームセンターである。別の運営会社から機材を買い上げ2013年末にオープンしたが、2016年に一度経営破綻の危機に突入。当時Twitter上に投稿された存続の援助を呼びかけるツイートは、業界の内外を問わず大きな話題となった。

【更新 2020/4/22 15:45】 記事初版にて奥州テクノワールドに設置されている『スペースインベーダー』の亜流作品は『インベーダーウォーズ』と記載しておりましたが、正しくは『ワールドインベーダー』でした。訂正しお詫び申し上げます。

 また先日より、岡山県倉敷市のゲームセンター「ファンタジスタ」が始動した「ゲーセン支援チャリティキーホルダー」プロジェクトにも参加中だ。今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による影響を受けながらも、懸命に「地域のゲームセンター」を残す活動を続けている。

 今回実施された生配信はひたすら「ゲームセンターの環境音」を流すだけのもので、いわゆる「作業用BGM」などに利用できるものだ。約4時間分のアーカイブ動画も残されているので、興味があれば自宅でのテレワークや暮らしのおともに流しておくとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧