1対1のスペイン産サムライ対戦アクションゲーム『Two Strikes』体験版リリース。2回斬られる前に2回斬れ、一撃の爽快感と隙の突き合いが楽しい

 スペインのゲームデベロッパーRetroReactorは、2人対戦チャンバラゲーム『Two Strikes』体験版をリリースした。本編の発売日や価格、プラットフォームはまだ未定。体験版はまだ開発途上であり、最終的なゲームとは異なるとのこと。

 『Two Strikes』は同社が開発した2D対戦ゲーム『One Strike』の続編だ。格闘ゲームのようにふたりのキャラクターが戦うゲームだが、コンボもなにもいらずルールは単純、相手に2回斬られる前に2回斬って倒すだけという内容となっている。

 操作も2D格闘ゲームの中ではかなりシンプルで、操作は相手に2回当てれば勝利の「弱攻撃」、かなり隙は大きいが一撃で相手を倒せる「強攻撃」、「ガード」、レバーを2回入れることでできる前後の「ダッシュ」のみ。少し特殊な操作として、攻撃をダッシュでキャンセルすることはできる。フェイントとガードを織り交ぜて相手の隙をうかがい、必殺の一撃を相手にたたき込む瞬間を狙おう。

 体験版で遊べるのは、大太刀を振るう剣士Kenjiと打刀を持つTomoeのふたり。CPU対戦と2P対戦が楽しめる。CPU戦ではKenjiに比べてTomoeの方がかなり有利に見えるが、まだ開発途上なので今後AIや対戦バランスも詰めていくとのことだ。キャラクター選択画面ではこのふたりを含めた6人の剣士のシルエットが確認できる。

(画像は『Two Strikes』より)
(画像は『Two Strikes』より)
(画像は『Two Strikes』より)

 実際にプレイしてみると、隙をうかがいながらじりじりと間合いを詰め、相手の攻撃を伺い後の先を狙う緊張感は心地良い。また、一撃一撃がしっかりと腰の入った太刀筋なので、相手を斬ったときの爽快感はかなり高い。巻物に描かれた絵のようなグラフィックもかっこよく、瞬間瞬間が絵になる。

 操作は単純で、まだキャラクターはふたりしか実装されておらず長く遊べる対戦ゲームではないが、一瞬の駆け引きの気持ちよさは一度試してみて欲しい。ゲームは公式サイトからダウンロード可能だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧