「Epic Games Store」をiOSやAndroidでもリリースしたい。CEOティム・スウィニー氏がインタビューで語る

 海外メディアGameSpotが行ったEpic GamesのCEOティム・スウィニー氏へのインタビューにて、氏はオープンなプラットフォームの重要性を語り、将来的にはEpic Games StoreをiOSやAndroidに導入したい意向を示した。

(画像はEpic Games Storeより)

 これがEpic Games Storeで買い物ができるiOSやAndroid用アプリなのか、あるいはそれらのプラットフォーム専用のマーケットなのか踏み込んで語られていないが、「業界を前進させる」といった口ぶりからすると後者のようだ。

 Epic Gamesは、以前からプラットフォームホルダーやストアサービスによるストア30、出品者70の利益配分率に異を唱えている。そのため、Epic Games Storeでは12:88という利益配分率を取っており、Unreal Engineを使った場合はロイヤリティも12%の中に含まれるという、販売者に有益な策を打ち立てていた。
 来年リリース予定のUnreal Engine 5の発表の際、日本円にして約1億円の粗収入に満たない場合ライセンス料が無料という、新たなライセンス条項を発表した。

 Epic Games Storeといえば、定期的に無料のゲームを配布することでも有名だ。5月は『Grand Theft Auto V』『Civilization VI』など、発売から数年経つとはいえ、今なお人気のAAAタイトルを複数配布している。
 これについてもスウィニー氏は、ゲームを無料で配布したあと、同じ会社のSteamやコンソールでの売上が上昇したと多くの開発社が報告していることを語った。無料配布でEpic Games Storeのユーザーは増え、開発社のゲームは売上が上昇するポジティブなサイクルが起きているという。

(画像はEpic Games Storeより)

 このインタビューは、Gamespotが6月1日よりスタートしたチャリティライブストリーミングイベント「GameSpot’s Play For All」の一環だ。さまざまなゲームのストリーミングや、「Cyber​​punk 2077 Night City Wire」、「EA Play」などのリストリーミングなど、毎日2時間ほど開催。この間、新型コロナウイルスの感染拡大と戦う人々を支援するための募金活動も行うことになっている。

 同メディアはティム・スウィニー氏の出演を記念し、Unreal Engine 5発表時に公開された氏の自宅オフィスの画像を使ったZOOM用背景を配布している。広いオフィスにプラズマボールがぽつんと置かれていたことで、「『どうぶつの森』を始めて1週間目の人の部屋みたいだ」などと話題になった部屋だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧