Steam向け日本一ソフトウェアのゲームが価格改定が実施。『ファントム・ブレイブPC』、『ロゼと黄昏の古城』が大幅値下げ

 日本一ソフトウェアは本日2020年6月2日に、Steamで配信しているPC向けダウンロードソフトの大幅な価格改定を行った。

 対象となったのは、プレイヤーのイマジネーションが戦術となる「やりたい放題シミュレーションRPG」の『ファントム・ブレイブPC』。アクションRPGイースシリーズの最新作の『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』、日本一ソフトウェアらしい幼い女の子が冒険をする『ロゼと黄昏の古城』など、全部で12タイトルとなっている。

(画像はSteam「ファントム・ブレイブ PC」より)
(画像はSteam「イースVIII-Lacrimosa of DANA-」より)
(画像はSteam「ロゼと黄昏の古城」より)

 日本一ソフトウェアのSteamストアページはこちらから。以下タイトル一覧となるのでチェックしていただきたい。

『ロゼと黄昏の古城』
2015円→1000円

『htoL#NiQ-ホタルノニッキ-』
1000円→500円

『ファントム・ブレイブ』
1505円→500円

『ルフランの地下迷宮と魔女ノ旅団』
7110円→4000円

『世界一長い5分間』
2015円→1000円

『夜廻』
2015円→1000円

『深夜廻』
6090円→2000円

『クラシックダンジョン 戦国』
2015円→1000円

『クラシックダンジョンX2』
1000円→500円

『クリミナルガールズ INVITATION』
2015円→1000円

『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』
6090円→4000円

『シルバー事件25区』
4055円→1000円

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧