H・G・ウェルズの『宇宙戦争』を題材にしたアクション・アドベンチャーゲームが開発中。トライポッドが地球を蹂躙する様を描く原作は、著作権が失効してパブリック・ドメインに

 インディーゲーム開発スタジオSteel Arts Softwareは、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』を題材にしたアクション・アドベンチャー『Grey Skies: A War of the Worlds Story』のゲームプレイ映像を初めて発表した。これは本日開催された、インディーゲーム開発者のためのオンラインショーケース「The Escapist Indie Showcase」のなかで公開されたもの。プラットフォームは、PS4、Xbox One、PC。発売日は2020年第3四半期を予定している。

 H・G・ウェルズの『宇宙戦争』は、1898年に書かれた小説で、火星人が戦闘機械トライポッドを用いてイングランドを侵略。川は沸騰し家屋が一瞬のうちに破壊される熱線の威力は凄まじく、人類は軍を出動するが、ほとんど為す術もなく一方的に蹂躙される恐怖が描かれている。SF侵略小説の原点といわれている作品だ。

 2005年には、スティーブン・スピルバーグ監督、トム・クルーズ主演で映画化されたことは記憶に新しい。昨年にはBBCが12億円を投じて、原作の時代に忠実なビクトリア朝が舞台とした『宇宙戦争』のTVドラマを制作している。

 実は、ベラルーシを除いて、ヨーロッパでは作者の死後70年後に、その作品はパブリック・ドメインとなるため、H・G・ウェルズの『宇宙戦争』、『透明人間』、『タイムマシン』などの著作権は失効しており、2017年1月1日からH・G・ウェルズの作品はヨーロッパでは無料で使うことができる。

 BBCのドラマ制作もパブリック・ドメインになってから制作されており、今回の『Grey Skies: A War of the Worlds Story』も、そうしたH・G・ウェルズのパブリック・ドメイン化の影響とみてもよさそうだ。

 『Grey Skies: A War of the Worlds Story』は、一人の女性の視点からトライポッドの恐怖が描かれるアクション・アドベンチャーで、暗いスリラータッチで描かれるようだ。トライポッドだけではなく、火星人の影響でゾンビになった人間も登場するようだ。

 今回発表されたゲームプレイ映像からは、主人公がステルスで敵に気付かれないように動いているシーンが確認できる。モーションやグラフィックなどの粗さは散見できるが、『宇宙戦争』が題材とあって一味違ったユニークな作品となっていそうだ。
 本作に限らないが、H・G・ウェルズのパブリック・ドメインの影響がどのようにビデオゲームに影響を及ぼすのか、これから注目といえるだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧