『クラッシュ・バンディクー』の新作『Crash Bandicoot 4: It’s About Time』発表。正式なお披露目は日本時間6月22日23時30分から開催される「Summer Game Fest」にて

 『クラッシュ・バンディクー』シリーズ最新作となる『Crash Bandicoot 4: It’s About Time』の存在が正式発表された。『クラッシュ・バンディクー』公式Twitterアカウントが、日本時間6月22日(月)23時30分から開催される「Summer Game Fest」にてお披露目されることを予告している。

 イベントの模様はYouTube、Twitch、Twitterで上映される予定で、主人公のクラッシュがしっかりと新型コロナ対策のマスクをしているイメージもアップされている。

 『クラッシュ・バンディクー』は1996年にPlayStationで発売された3Dアクションゲームだ。ソニーやコナミ、Activision Blizzard、セガゲームスがパブリッシングを行い、Naughty Dogなど複数のデベロッパーがシリーズの開発を担当している。

【更新 2020/6/22 15:00】 『クラッシュ・バンディクー』のパブリッシング周辺の情報について、正しい情報に加筆・修正しました。訂正しお詫び申し上げます。

 ナンバリング表記が日欧米で異なっており、日本では『クラッシュ・バンディクー5 え〜っ クラッシュとコルテックスの野望?!? 』までナンバリングが続いており、PlayStation 2で『クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー 』が2001年にリリースされている。

 一方アメリカとヨーロッパでは『クラッシュ・バンディクー4 さくれつ!魔神パワー 』は『Crash Bandicoot: The Wrath of Cortex』とされており、タイトルにナンバーは入っていない。さらにややこしいことに、日本では『クラッシュ・バンディクー3 ブッとび!世界一周』として発売された作品が、アメリカでは『Crash Bandicoot: Warped』、ヨーロッパでは『Crash Bandicoot 3: Warped』として発売された。

 各地域によってナンバリングの規則が異なるため、素直に新作を『クラッシュ・バンディクー4』としてリリースした場合、アメリカでは『クラッシュ・バンディクー3』が出ないまま突如4がリリースされ、日本では『クラッシュ・バンディクー5』の次にふたつ目の『クラッシュ・バンディクー4』がリリースされることになる。

(画像はジェフ・キーリー氏のTwitterアカウントより)

 Activision Blizzardは過去作のリマスター『クラッシュ・バンディクー ブッとび3段もり!』の成功を皮切りに、これまでにモバイルゲーム『Crash Bandicoot Mobile』やレースゲーム『クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!』を新たに展開してきた。

 それだけにメインとなるアクションゲームシリーズの復活も多くのファンから渇望されていたが、そんな多くの期待を一身に受けて『Crash Bandicoot 4: It’s About Time』がついにお披露目となる。発表は日本時間6月22日(月)23時30分から開催される「Summer Game Fest」にて実施される。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧