SIE、PS4とPSNのバグに賞金をかける。PS4の重大なバグを発見した人には最大540万円

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント(以下、SIE)は、PlayStation 4とPlayStation Networkのセキュリティ上の問題を発見した人に、最大5万ドル(約540万円)の賞金を出すことをPlayStation.blogを通じて発表した。海外メディアKotakuなどが報じている。

 SIEによると、これまでも非公開で一部の技術者と協力し、バグバウンティプログラムを運営していたという。さらなるセキュリティ強化のため、より広くコミュニティに協力を求めるようプログラムを一般公開した。

(画像はHacker One公式サイトより)

 このバグバウンティプログラムは、セキュリティ技術者マッチングプラットフォームを運営するHacker OneとSIEの協力によって運営される。

 賞金の対象になるのは、PlayStation Networkの指定ドメイン、現行のPlayStation 4のシステムとOS、アクセサリーのセキュリティの脆弱性だ。SIEの裁量によってカテゴリーが判断され、賞金が決定する。もっとも高額なのはPlayStation 4の重大なバグの発見者に贈られる賞金5万ドル。

 このような取り組みはビデオゲーム関連企業で珍しくない。任天堂は2016年に、同じくHacker Oneを通じてNintendo 3DSとNintendo Switchの脆弱性に対して賞金をかけた。マイクロソフトもXbox360以降のコンソールに対し、独自にバグバウンティプログラムを実施している。PCゲームではValveも同様にSteamのバグ発見者に賞金を用意している。

 特にプラットフォームを運営する企業にとって、賞金を用意してバグやセキュリティホールを報告してもらう取り組みは一般的になっている。

(画像はPlayStation.blogより)

 SIEの裁量ということだが、最大5万ドルの報酬は大きい。純粋にPlayStation 4やPSNのセキュリティに貢献したい、あるいはお金が欲しい賞金稼ぎの方はこのプログラムに協力してみてはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧