捕まえた「ポケモン」の重さ分「1kg=1km」移動する『ポケモン オメガルビー』縛り実況が話題に。パート1で東京駅から茨城の山奥に

 ゲーム実況者である倭寇氏が投稿した『【実況】捕まえたポケモンの重さ分「1kg=1km」で移動しないといけない縛り part1』が話題になっている。

 倭寇氏はニコニコ動画を主に活動するゲーム実況者。『【実況】 ポケモンは選択をサイコロに任せてクリアできるのか part1』『ローション塗ってダンスダンスレボリューション 【実況】』など、強烈な縛りと企画力で度々話題となる実況者だ。厳しい状況下でも、やりきる精神力と出オチが特徴的で、関西弁による鋭いツッコミと丁寧な字幕が動画のリズムを支えている。

 今回、挑戦するゲームは『ポケットモンスター オメガルビー』で縛りはタイトルの通り、捕まえたポケモンの重さ分「1kg=1km」で移動しなければならないというものだ。詳細なルールは以下となっている。

①ポケモンを手に入れたら、その重さ分1㎏=1㎞で移動する
(ただ毎回移動すると収録が大変なので
50㎞とかある程度まとめて移動)

※野生で初めて出会ったポケモンは基本全部捕まえる

〜移動ルール〜
・スタートは東京駅から直線距離で計算して進む
・移動先で名産食うか名物を見ると帰ってこれる
(移動距離はオーバーする分には許される)

②ポケモンが進化したらそれも捕まえた扱いとして
図鑑を見て体重を加算する
(Bキャンセル禁止)

③各ジムリーダー戦は違うポケモンを6匹手持ちに入れないと挑めない。
リーダー戦に使ったポケモンの種類はそれ以降のリーダー戦には使えない。
(進化させれば使える)

④未捕獲のポケモンが手に入った時
体重をジャストで当てたらそれをチャラにできる
(同じポケモン2匹目には無効)
(グラードンに関しては企画の為に950.0㎏だと調べたのでナシ)
(動画開始以降、ポケモンの重さを検索する事はしない)

⑤殿堂入りまでやる
(渡航費とか忙しさで投稿の遅れはあるかも)

 動画冒頭では早速茨城県の山奥にいる倭寇氏の姿が見られる。どうやら半分ほどが旅行動画になるらしく、いったい何を見ているのか分からなくなりそうだ。

(画像は【実況】捕まえたポケモンの重さ分「1㎏=1㎞」で移動しないといけない縛り part1より)

 捕まえたポケモンの体重をジャストで当てることができたら移動をチャラにすることができるというルールがあるのだが、ポケモンは思っているより2倍ほど重く大苦戦。一度も当てることはできずに今回の動画は終了した。

(画像は【実況】捕まえたポケモンの重さ分「1㎏=1㎞」で移動しないといけない縛り part1より)

 今回も新しい企画でニコニコ動画を騒然とさせる倭寇氏。巨大なポケモンを連続で捕まえてしまった場合一体どうなってしまうのか心配だが、失踪しないことを願って見守っていきたい。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧