何でもできるオープンワールドゲーム『クラフトピア』のアルファテストは7月27日に開始へ。問題なければ7月中に早期アクセス配信がスタート

 POCKET PAIRは、同社の開発するープンワールドサバイバルアクションゲーム『クラフトピア』の現在の開発状況を公表した。新型コロナウイルスの感染拡大により6月中の早期アクセス版リリースを断念していたが、クローズドアルファテストは7月27日に実施する見通しが立っているという。また致命的な問題が無ければ、7月中に早期アクセスを開始する。

 このほか発表では、クローズドアルファテストの参加者をもう少し増やす可能性も伝えられた。公式Twitterアカウントなどで告知予定とされているので、ゲームの開発をいち早く手伝いたいという方はアカウントをフォローして続報を待ってほしい。

 『クラフトピア』は狩り・農業・ハクスラ・建築・自動化といった、オープンワールドやサバイバルゲームで人気の要素を一本のゲームに詰め込んだオープンワールドサバイバルアクションゲームだ。

 小さな畑を手作業で育てたり、農業機械で大規模なプランテーションを運営したりと、さまざまな規模の農家になることができる。育てた牛をベルトコンベアで運び、自動でスープを作る工場の工場長になることも可能だ。モンスターを捕まえてモンスターテイマーにも、ダンジョンに潜ってモンスターと戦う冒険者にも、大海原に船を出す漁師にもなれる。

 6月30日には、プロモーション映像では紹介しきれなかったという建物やエンチャントシステムの詳細もSteamでの更新情報にて公開された。鉄の剣を焚き火に入れると、「炎の鉄の剣」、「腐った卵」を材料に料理をすると「腐った目玉焼き」になるなど、修飾語がアイテムの性質を決めるエンチャントの言葉になるようだ。

 たとえば“黄金の”卵、“ファーガスの”骨、“ウシの”肉、“焦げた”トウモロコシを組み合わせると、“黄金のファーガスのウシの焦げた”バーベキューが完成するという。

(画像はSteam『クラフトピア』より)
(画像はSteam『クラフトピア』より)

 オープンワールドゲームのいいところを全部取り入れるという、かなり高い志を持った『クラフトピア』。クローズドアルファテストは7月27日スタート予定。クローズドアルファテストに問題が無ければ、早期アクセスとして誰もが7月中に遊べるようになる。
 最新情報がすぐに手に入れたい方は公式Twitterアカウントをフォローしてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧