移動中のみ時間が進むFPSの新作『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』が7月16日リリース。「近年でもっともイノベーティブなシューター」がローグライク要素を取り入れる

 “近年私がプレイした中で、もっともイノベーティブなシューター”が、コアとなる特徴はそのままにローグライク要素を取り入れて帰ってくる。

 ゲームデベロッパーのSUPERHOT Teamは、プレイヤーの移動中にのみ時間が進行するFPS『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』を7月16日に発売すると発表した。対応プラットフォームはPlayStation 4、Xbox One、PC。価格は25ドル(約2670円)。より多くのプラットフォームへの移植も予定されている。

 7月16日のリリースまでに、上記のプラットフォームで前作『SUPERHOT』を購入していれば、無料で『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』が配布される。ただし、このキャンペーンではXbox Live with Goldのような無料配布で手に入った『SUPERHOT』は対象としていない。

 『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』は、『SUPERHOT』、『SUPERHOT VR』に続くシリーズ最新作となる。前作のDLCではなく、単体で動作するゲームだ。前作をプレイしていなくても楽しめるが、プレイしていればゲームの一部の理解をより深められる程度の関連性があるという。

 本作はこれまで同様、プレイヤーが動くと時間が進行するアクションパズル的なゲームプレイにローグライク要素を追加。さまざまな戦いを切り抜け、途中で起きるイベントでHPを回復させたり、スキルやハックといった新たな特殊能力を得てさらに先へと進むゲームプレイへと変更された。

 ローグライク要素を取り入れた結果、本作のコンテンツ量は前2作に比べて大きくなっている。プレイヤーは何度も死んでは、異なる結果を求めて初めからやり直すことになるだろう。クリア時間は12時間から15時間と見積もられている。

 なお長時間のプレイとなるため、本作はVRへの対応は今のところ予定されていない。一般的なフラットスクリーンで遊ぶように設計されている。

(画像はSteam『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』より)
(画像はSteam『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』より)
(画像はSteam『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』より)

 『SUPERHOT: MIND CONTROL DELETE』という名前を聞くと、前作までをプレイした方ならなんとなくこの物語の方向性が見えてくるかもしれない。SUPERHOT Teamはこのタイトルをつけた理由を「物語に深く関わるため」とあえて明かしていない。

 はたして、第1作目から4年経った今も本作は「もっともイノベーティブな作品」であり続けているだろうか。7月16日のリリースを楽しみに待ってほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧