『SEKIRO』がクラウドゲーミングサービス「Google Stadia」に対応へ。アクションゲームなどラグがあると遊びにくい作品の対応を多数発表

 Googleは、7月15日にクラウドゲーミングサービスGoogle Stadiaの新作ゲームなどを紹介する「Stadia Connect」を放送した。本編は20分ほどの動画だが、発表を3分にまとめた縮小版の動画もアップロードされている。

 今回発表されたのは、『Bomberman R Online』『Dead by Daylight』『Serious Sam 4』『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』など、多くがマルチプレイに対応しているか、あるいは入力にラグがあると遊びにくいアクションゲームとなっている。

 このほか、Stadiaの独占ゲームとして『Orcs Must Die 3』『Gears Tactics』『Dirty Bomb』を開発したSplash Damageの新作『Outcasters』が発表。具体的なタイトルは明かされていないが、『Rockband』のHarmonix、『アンティル・ドーン 惨劇の山荘』のSupermassive Games、『Submerged』やスマートフォンでリリースされた『EPOCH』のUppercut Gamesの新作がリリースされることも発表された。

(画像は『Orcs Must Die 3』公式サイトより)

 Google Stadiaはサービス初期から『Assassin’s Creed Odyssey』『Destiny 2』など、入力に遅延があると遊びにくいアクションゲームであってもリストに加えている。

 日本からはサービスに加入できないため、ストリーミングによる遅延がどの程度か、ほかの国の利用者の言葉を参考にするしかない。利用者の環境の依存が小さくないためか、問題ないという意見もあれば、大いに問題だという意見も見られる。
 総じて高速なインターネット回線があれば問題なく遊べるようだ。入力遅延を低減するノウハウも共有されている。

 敵の攻撃にあわせた行動を即座に取ることが求められる『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』を追加したのも、Googleの自信の表れだといえるだろう。

(画像は『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』公式サイトより)

 Googleは「Click to Play」と呼ぶサービスもあわせて発表。Stadia Pro加入者がYouTubeでストリーマーのゲームプレイを鑑賞しているとき、動画の説明欄に表示されたURLをクリックすることで、即座にそのゲームを遊ぶことができるサービスだ。

64人対戦のバトロワが楽しめるGoogle Stadia用ゲーム『Super Bomberman R Online』発表。クラウドゲーミングサービスの威力を発揮した機能を搭載してパワーアップした『スーパーボンバーマンR』

 世界ではまだ14カ国と、Google Stadiaがサービスを行っている国はまだまだ少ない。特に64人対戦のバトルロイヤルモードをくわえた『Bomberman R Online』は是非遊んでみたいが、サービスが提供されていない以上指をくわえて見ているしかない。早急なサービス地域の拡大が求められる。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧