64人対戦のバトロワが楽しめるGoogle Stadia用ゲーム『Super Bomberman R Online』発表。クラウドゲーミングサービスの威力を発揮した機能を搭載してパワーアップした『スーパーボンバーマンR』

 まるで『テトリス99』のように、クラシックなゲームをバトルロイヤルゲームにする流れが『ボンバーマン』にもやってきた。

 コナミは、7月15日に行われたクラウドゲーミングサービスGoogle Stadiaのオンラインイベント「Stadia Connect」にて、『Super Bomberman R Online』を発表した。2017年に発売されたNintendo Switch用ソフト『スーパーボンバーマンR』のGoogle Stadia版となる。

 最大の特徴は、最大64人対戦が可能な「Battle 64」モードが搭載されることだ。64人のプレイヤーはひとつのマップで一斉に戦うわけではなく、少人数のグループに別れて複数のエリアでそれぞれ敵プレイヤーと戦うことになる。

 『ボンバーマン』シリーズお馴染みのこの戦闘は「バトルフェーズ」と呼ばれており、バトルフェーズが終わるとほかの他のエリアへ移動するためのゲートが開放される「ムーブメントフェーズ」が始まる。ムーブメントフェーズの終わりにはブロックが落ちてきて、さらに新たなバトルフェーズが始まるという流れだ。

 「!」マークが点滅しているエリアは、タイマーが0になるとゲートが閉じて閉鎖される。爆弾で倒されるほかに、「!」マークが付いたエリアを制限時間内に脱出できなかった場合も敗北となる。最後に残ったエリアにたどり着けたプレイヤー同士が戦い、見事生き残れば「ボンバーワン」となる。

(画像は『Super Bomberman R Online』公式サイトより)

 『Super Bomberman R Online』はほかにもGoogle Stadiaらしい機能が搭載されている。「Cloud Play」は、ストリーマーの画面上にあるリンクから、ストリーマーが参加しているゲームに飛び入り参加できる機能だ。

 たくさんのほかのプレイヤーと戦うため、自分のボンバーマンをカスタマイズする機能も用意されている。ボンバーマンの服や、爆弾のスキンが選べる。スクリーンショットでは、ロッカー風の衣装「ロックンロール」や、弾けるつながりなのだろうか、爆弾の「ポップコーン」スキンが確認できる。

(画像は『Super Bomberman R Online』公式サイトより)

 『スーパーボンバーマンR』にクラウドゲーミングサービスらしいユニークな機能を導入した『Super Bomberman R Online』。日本からプレイできる日が楽しみだが、残念ながら本サービスはまだ日本では利用できない。いつ頃サービス地域が拡大されるかも分からないため、しばらくは64人対戦のバトロワ『ボンバーマン』を楽しめそうもない。一刻も早いサービス地域拡大を願うばかりだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧