オープンワールドFPS『S.T.A.L.K.E.R. 2』のトレイラー公開。シームレスなオープンワールドとノンリニアなストーリーなど、次世代機のパワーを利用してコンソールでもデビュー

 7月24日に公開されたマイクロソフトのゲーム情報番組「Xbox Games Showcase」にて、チェルノブイリ原発事故をテーマにしたオープンワールドFPS『S.T.A.L.K.E.R. 2』の初のトレイラーが公開された。

 対応プラットフォームはPCとXbox Series X。リリース初日からゲーム定額遊び放題サービスXbox Game Passにも対応。コンソールはXbox Series Xの完全独占ではなく、先行リリースとなる。

 トレイラーではプリピャチの市内にある遊園地や、不気味な地下、危険なアノマリー、廃墟、そして『S.T.A.L.K.E.R. Shadow of Chernobyl』で最初に訪れる小さな集落など、チェルノブイリ原発事故が起きた「ZONE」のさまざまなロケーションが確認できる。

 『S.T.A.L.K.E.R. 2』は、2007年に発売され、全3作リリースされたオープンワールドFPS『S.T.A.L.K.E.R.』シリーズの最新作だ。現実でも起きたチェルノブイリ原発事故と、ストルガツキー兄弟による小説『路傍のピクニック』を組み合わせたような世界を舞台に、原発事故の影響地域「ZONE」でお宝を探すハンター「ストーカー」たちの姿を描く。

 公式Twitterアカウントでは、ゲームの特徴についての質疑応答を掲載している。それによると、前作はマップがいくつかに分割され、今の感覚では「セミオープンワールド」ゲームといった内容だったが、本作は現時点で最大級のシームレスなオープンワールドタイトルのひとつになるという。

 ストーリーはノンリニアが特徴。前作でもプレイヤーの選択による分岐はあったが、本作ではプレイヤーの選択が短期だけでなく長期でも影響し、前作同様マルチエンディングとなる。

 なお、今回公開されたトレイラーは「リリース時に目指しているグラフィックや雰囲気を示している」とされている。ゲームで使用されるエンジンとモデルを利用して作られているので、実際にトレイラーに出てきたロケーションが出るかは不明ながら、ゲームがこういった雰囲気になるのは間違いない。

(画像は『S.T.A.L.K.E.R. 2』公式サイトより)
(画像は『S.T.A.L.K.E.R. 2』公式サイトより)

 『S.T.A.L.K.E.R. 2』のリリース日はまだ未発表ながら、リリース時点でゲームを改造するModにも対応を目指して開発中だ。公式サイトでは今回のトレイラーからスクリーンショットもいくつか公開されているので、そちらも合わせて確認してほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧