PlayStation 4版『Cuphead』が7月29日より配信開始。1930年代のカートゥーンアニメ調と手ごたえのある難易度が特徴の2Dアクション

 カナダ・オークビルに拠点を置くStudio MDHRは、2Dアクションゲーム『Cuphead』PlayStation 4版を7月29日(水)より配信することを発表した。

(画像はYouTube「CUPHEAD PlayStation 4 Launch Trailer」より)

 『Cuphead』は、手描きセル画のキャラクターや水彩画の背景、そしてジャズ音楽といった1930年代のカートゥーンに着想を得て製作された2Dアクションゲーム。ゲーム自体については中間セーブポイントのない横スクロールアクションステージ(ラン&ガン)や、ボスが繰り出すカートゥーンならではの攻撃や形態変化といった要素が存在する。当時の技術を忠実に再現するデザインがうまく活かされた、手ごたえのある難易度が特徴の作品だ。

 なお、『Cuphead』の関連作品については、2019年7月に映像配信サービスNetflixのオリジナルアニメ「The Cuphead Show!」が発表されている。2020年6月には実際のワンシーンや舞台裏の様子を含む予告映像も公開されたことから、そう遠くないうちにアニメ版もあわせて楽しめるだろう。

 また、第3のプレイアブルキャラクター「Ms.Chalice」をはじめ、新たな物語やボスが追加されるダウンロードコンテンツ(DLC)「The Delicious Last Course」も2020年中に配信予定。こちらについてはPlayStation 4版でも配信の予定があるため、引き続き続報を待ちたい。

 さらに、『Cuphead』公式のサウンドトラックCD(2枚組)がゲームサウンドトラックの制作・販売を手がけているiam8bitより発売予定だ。こちらのサウンドトラックには全51曲が収録され、うち21曲は既に発表されている曲の新バージョン、2曲は初収録曲となる。

 作曲担当のクリストファー・マディガン氏による書き下ろしのライナーノート(解説文)や、アートワークを含む特製ブックレットも同梱する本サウンドトラックは、PlayStation 4版の配信日と同じく7月29日(水)より予約受付が開始される。興味があればチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧